彼があなたの脚に愛撫をしないのは……脚の●●が原因だった!

あなたの彼は、あなたの脚に愛撫をしてくれますか!?

愛撫と言えば、胸や首筋などの上半身から性器にかけて……という人も多いのではないでしょうか。しかし実は、脚には「隠れ性感帯」が多く存在しているのです!
彼があなたの脚に愛撫をしないのは……脚の●●が原因だった!

【脚の隠れ性感帯①】ひざの裏

日常的にひざの裏を触ることはあまりないので、ひざの裏が性感帯だと知らない人も多いのですが、ひざの裏は皮膚が薄く、敏感な部分です。うつぶせになった時、触ったり舐められたりすると自分でも驚くほど感じてしまうことも。触れられても恥ずかしい部位ではないので、抵抗感も少ないです。

 

【脚の隠れ性感帯②】足の指

足の指は、特に舐めると感じやすい隠れ性感帯です。
舐める方も舐められる方も抵抗がある場合があるので、お風呂エッチの時などに行うのがおススメ。指を口に含まれると、恥ずかしいのと同時に突き上げるような気持ち良さがあります。

 

【脚の隠れ性感帯③】ひざ

触られるとくすぐったいですが、「くすぐったい」という感覚は性感帯と紙一重です。また、舌で舐められるとさらに感じやすいです。

 

【脚の隠れ性感帯④】くるぶし

軽く舐めたり、骨を甘噛みしたりすると敏感に反応します。足の指への愛撫には抵抗があるけれど、くるぶしなら感じる、という人も多いです。
彼があなたの脚に愛撫をしないのは……脚の●●が原因だった!

あなたの彼が「脚への愛撫」をしてくれないのは……あなたの脚が●●だから!?

「私の彼は、脚に愛撫なんかしてくれない!」そう思った人は……もしかしたらあなたの脚に原因があるのかも!?

ある心理学の実験によると、男性が女性の体に触れた時の「触感」が、男性の性的な興奮に非常に重要であることが分かったのです。

その実験では、ある店の二人の女性店員にこのように頼みました。

 

「右手でお釣りを返す時に、左手をお客さんの手の下に添えて、軽く触れてください。」

 

さらに、一人は一週間前から手を念入りにケアし、すべすべ&もちもちの状態。もう一人は、乾燥しっぱなしのガサガサの状態にしてもらいました。

実際にその時のことを後で男性に聞くと、男性は「触れられた」ということをはっきりと自覚し、さらに「すべすべの手」の女性に対して「ドキッとした」「正直ちょっと興奮した」等と、好意を持った男性が圧倒的に多かったのです。一方でガサガサの手に触れられた男性は、「女性は美人だったが、手がガサガサでがっかりした」という意見が多数でした。

どんなにキレイにお化粧をしたり、可愛い服を着たりしても、肌に触れた時の触感が悪いと男性は「ガッカリ」してしまうのです。

それは当然、ベッドタイムでも同じ。

彼があなたの脚にあまり触れないのは、あなたの脚の「触り心地」がムダ毛や肌荒れでガサガサ&ジョリジョリだからかも知れません!!