「舐めるのが楽し過ぎる!」彼が夢中でクンニしてしまうアソコとは?

一言で「セックス」と言っても、前戯にオーラルセックスがあるのと無いのとでは、女性の満足度は大きく変わってきますよね。

クンニされる恥ずかしさも、セックスで興奮と快感を高める要素のひとつ。「大好きな人に自分のカラダの隅々まで舐められている」と思うと、その気持ちよさだけでなく、愛されているという安心感で満たされていくのを感じるものです。

セックスの度に彼が熱い舌で、じっくりと丁寧に舐めてくれるだけで……。大好きな人からされるそんな濃厚なクンニは、女性のオーガズムにとって大切な行為でもあります。

しかし、そんな女性の願いも虚しく「彼がクンニを避けて、前戯が短い」「セックスしても、アソコは舐めてくれない」と言ったお悩みが後を絶ちません。

なぜクンニを避けてしまう男性が増えているのでしょうか。

今回は優作さん(30歳/会社員)から寄せられたお悩みから、彼がクンニをしない理由とその解決方法について紹介します。
ポジティブ訴求:「舐めるのが楽し過ぎる!」彼が夢中にクンニしてしまうアソコとは?

●今のままだと彼女とセックスもできません……!(優作さん/30歳/会社員)

僕は彼女のアソコを舐めるのが好きです。彼女の気持ちよさそうな表情、恥ずかしそうな顔……。自分がイクことよりも、舌を使って感じさせることにセックスの楽しさを見出していたほどです。

しかし、今付き合っている彼女にはどうしてもそれが出来ませんでした。

顔も身体つきも僕好みで、一緒にいて安らぎを感じる可愛らしい性格。僕は彼女のことが大好きです。だけど、クンニだけはどうしても躊躇してしまいます。

理由は初めてセックスした日、彼女の下着を脱がせようと下半身に顔を近づけた時に感じた違和感にありました。「あれ?」と思いながらパンツを下げると、何とも言えない強烈なニオイ。彼女のアソコに口をつけようとしましたが、どうしても無理でした。

さりげなく彼女の内ももへキスし、そこから膝へと下へ下へと下がり、その夜はクンニを回避。

次のセックスでもチャレンジしましたが、ニオイのせいでどうしても顔を近づけられないのです。それだけでなく、挿入中もなんとなくアソコのニオイが気になります。

大好きな彼女に「臭うよ」なんて言えないですし、お風呂で僕が丁寧に洗ってみたのですが、やはり濡れてくるとニオイが込み上がってきます……。今は仕事が忙しいこともあり、朝まで一緒にいても「疲れてる」と言い訳をして、セックスまで回避している状態です。

だけど、本当は思いっ切り彼女のアソコを舐めて気持ちよくさせたいし、、彼女が感じる顔を見たいのです。今のままだと彼女とセックスもできません……。
ポジティブ訴求:「舐めるのが楽し過ぎる!」彼が夢中にクンニしてしまうアソコとは?

セックス直前のシャワーだけではNG!? 彼がアソコに近づけない理由

多くの男性はセックスにおいて「彼女をもっと感じさせたい」「この女性を深く愛したい」と思ったとき、クンニをすることでその気持ちを表現するそうです。

LCラブコスメが行った調査では、86%の男性が「オーラルセックスが好き」と回答しています。また、オーラルセックスで感じている女性の姿を見ると9割近くの男性が「可愛い」「興奮する」「愛おしい」と感じるようです。

しかし、本当はクンニが好きなのに、ニオイが原因で彼女のアソコに近づけない男性も少なくありません。

LCラブコスメが男性を対象に行ったアンケート調査「女性のデリケートゾーンが臭いと感じたのに、我慢したことがありますか?」では、なんと4人中3人もの男性が「ある」と回答しています。

「私の彼はいつも舐めてくれるから大丈夫」「臭いと言われたことがないから安心」と思っている女性も、油断してはいけません。

彼女を傷つけまいと、アソコのニオイを不快に思っても、我慢して舐めてくれている男性は多いのです。

「エッチ直前にシャワーを浴びているから大丈夫」と思う女性もいるかもしれません。

しかし、優作さんのお悩みにもあるように、エッチ直前にアソコを洗うだけでは、濡れた時に出るニオイは抑えられないのです。

その理由は、女性のデリケートゾーンの構造が関係しています。女性のデリケートゾーンの形はとても複雑で、おりものや汗、ニオイが溜まりやすいです。その結果、雑菌が繁殖し独特なニオイを発してしまいます。

また、ニオイを消そうとゴシゴシ強く洗ったり、洗浄力の強いボディソープを使ったりしてしまうと、「必要な常備菌」まで洗い流してしまい、

かえってニオイがひどくなる原因になってしまうこともあるのです。

さらに、洗いすぎによる強い摩擦は、黒ずみの原因にもなり、見た目の印象まで悪くしてしまいます。
ポジティブ訴求:「舐めるのが楽し過ぎる!」彼が夢中にクンニしてしまうアソコとは?

彼の舌が止まらない! 心もカラダも満たされるクンニ体験談

デリケートゾーンのケア不足や、間違った方法で洗ってしまうことで、彼にニオイを気にされてしまう女性が多い一方で、彼とのセックスで毎回、丁寧なクンニを受けている女性たちもいます。

そんな彼女たちでも、「以前は彼がクンニをしてくれなかった」「ニオイが気になって、どうしてもセックスに集中できなかった」という時期もあったそうです。

アソコのニオイの悩みを解決し、心もカラダも満たされるセックスを体験した女性たちのエピソードから、正しいデリケートゾーンのケア方法を紹介します。

 

●いつもの彼じゃないみたい……沢山愛してくれたんです!(ひぃぃさん/34歳/アルバイト)

最初の頃は、必ず前戯の際に舐めたりしてくれていたのに、気づくと最近は、手でいじられるだけ。なんでだろう? と思ってはいたけれど、彼に聞くのも恥ずかしくて聞けずにいました。

あるとき、彼が甘えて、膝枕をしてほしい! というのでしてあげたのですが、ふと彼の顔が渋い表情をしたのです。気になって、その後彼がいないときに屈んでデリケートゾーン辺りに顔を近づけたら、なんともいえないニオイ……ショックでした。

そんなとき、デリケートゾーン用石鹸の事を知りました。口コミがかなりよかったのと興味本位で購入したのですが、毎日の入浴時に、デリケートゾーンを3分パックしました。

デリケートゾーンのケアを始めて数日経った頃、彼と久しぶりに会えることになりました。会う直前にシャワーを浴びて、その時もデリケートゾーンをパックしていったのですが、なんと! 彼が久しぶりにアソコに顔を埋めて、前戯で気持ちよく舐めたり、いじったりしてくれたんです!

いつもの彼じゃないみたい……沢山愛してくれたんですよ!

今では笑顔の毎日! 臭いを気にせずに生活できていることに感謝の気持ちでいっぱいです!

 

●オーラルを求められるようになったのが、泣きそうなくらい嬉しい!(りこさん/33歳/事務)

クンニはあんまり好きじゃないということにして逃げてきたのですが、今の彼が舐めるのが大好きという事前情報をうけ、いろいろサイトを調べてるうちに、デリケートゾーン用石鹸に行き着きました。

デリケートゾーンを3分間泡パックすると、すっきりした感覚に。

毎日ケアを続けてましたが、まだ積極的になれずに自分からは言い出せずにいました。するとある日、彼から「舐めていい?」と言われました。今までは逃げてきましたが、毎日ケアしていたこともあり、「うん。」と小さく頷きました。

最初は恥ずかしさと臭ってたらどうしようって不安と、嫌われないかなという思いがいっぱいであまり集中出来ませんでしたが、その後もオーラルを求められるようになったのが泣きそうなくらい嬉しくて、ラブタイムに彼に甘えたり集中出来るようになってきました!
ポジティブ訴求:「舐めるのが楽し過ぎる!」彼が夢中にクンニしてしまうアソコとは?

デリケートゾーンの正しいケアで、セックスの満足度が上がる!

ポジティブ訴求:「舐めるのが楽し過ぎる!」彼が夢中にクンニしてしまうアソコとは?

彼女たちが行っているデリケートゾーンのケアとは、LCラブコスメの「LCジャムウ・ハーバルソープ」を使った3分パック。

ジャムウとは、インドネシアの各家庭に伝わるハーブなどの天然素材を調合したもので、古くから女性独自のお悩みをケアするものとして用いられていました。「LCジャムウ・ハーバルソープ」は、そんな伝統の製法をもとに、日本人女性の肌に合わせて調合したデリケートゾーン用の石鹸です。

3分パックの方法は、とっても簡単! 泡立てネットを使ってよく泡立てた「ジャムウ・ハーバルソープ」の泡をデリケートゾーンに乗せて、3分経ったら洗い流すだけ。ニオイだけではなく、黒ずみの元もさっぱりと洗い流して、清潔感のある美しいアソコへと導いてくれるのです。
ポジティブ訴求:「舐めるのが楽し過ぎる!」彼が夢中にクンニしてしまうアソコとは?

安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤を使用していないので、初めてデリケートゾーンのケアを始める方にもおすすめ。

クンニのときに気になるニオイだけではなく、見た目の清潔感も同時にケアできます。明るい場所でも、自信を持って彼のクンニを受け入れられそうですね。

「アソコを思い切り舐めて感じさせたいのに、ニオイが……」というクンニを避けてしまう彼のためにも、「LCジャムウ・デリケートソープ」を使った3分パックで、正しいデリケートゾーンのケアを始めましょう。

デリケートゾーンの三大お悩みを全てケアできる「ジャムウ・ハーバルソープ」「ジャムウ・デリケートパック」「ジャムウ・デリケートエッセンス」の3つがセットになったデリケートゾーンパーフェクトセット」は、セットで買うと497円お得。このセットでデリケートゾーンのケアは完璧!

ニオイを気にすることのない清潔感のあるアソコになって、彼の愛情と快感を同時に感じられる丁寧なクンニを味わってみてください。

きっと二人のセックスの満足度も変わってくるはずです。

 

「LCジャムウハーバルソープ」を開発したLCラブコスメは、女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。

デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する「ベッド専用香水」や、キスだけでは止まらなくなる「キス専用美容液」など、女性ならではの恋やカラダのお悩みをケアしてくれるアイテムが揃っています。

(関連記事)彼が制御不能! 一度は体験してみたい“未知なる快感”のセックスとは?

遠藤 加奈の他の記事を読む