クンニを避ける彼が、「クンニ好き」に目覚める! “舐めたいアソコ”の作り方

女性がオーガズムを迎えるために欠かせない前戯といえば、クンニ。男性にとっても、自分の舌で彼女がおもいっきり乱れる姿は悦びのひとつ。実際に、LCラブコスメが行った調査では、男性の約86%が「クンニするのが好き」、「どちらとも言えない」が約10%、なんと「嫌い」と答えたのはわずか約4%でした。

「クンニ好き」の男性がこれだけ多くいるにも関わらず、「フェラは求めるのに、彼はクンニをしない」「彼がクンニを避けて、前戯が短い」とクンニをしない彼に対して不満を持つ女性が多く存在します。

クンニ好きの男性は9割近くもいるのに、なぜ「クンニしてくれない」と嘆く女性も多いのでしょうか。もしかしたら、「クンニ好き」と答えた男性の中に「本当はクンニしたいけど、できない」男性がいるのかもしれません。

この謎は、「クンニが好きとは言えない」「嫌い」と回答した14%の男性にヒントがありそうです。「クンニ嫌い」の男性の本音から、彼がクンニをしない原因と解決策を考えていきましょう。

クンニを避ける彼が、「クンニ好き」に目覚める! “舐めたいアソコ”の作り方

女性のアソコは臭い!? 男性のトラウマ・思い込みが「クンニ嫌い」の原因

LCラブコスメが男性を対象に「女性のアソコへのオーラル愛撫を嫌う理由は何ですか?」とアンケート調査を行ったところ、以下のような声が寄せられました。

 

・「アソコのニオイが気になって集中できない」(27歳/飲食業)

・「濡れてくると臭ってくる。そうすると舐めるのはちょっと……」(32歳/会社員)

・「舐めたあと、しばらくアソコのニオイと味が残った。それ以来クンニは苦手(25歳/アパレル)」

 

“クンニをしない理由”として寄せられた声のほとんどが「ニオイ」に関するもの!

以前は舐めることが好きだった男性が、『彼女の強烈なアソコのニオイが原因で、クンニ嫌いになってしまった』というエピソードもありました。過去の経験がトラウマとなり、「女性のデリケートゾーンは臭う」と思い込んでしまっている男性も少なくないようです。

「私の彼はアソコを舐めてくれるから大丈夫」と思っている女性も、安心してはいけません。男性の多くは、デリケートゾーンの臭いを不快に思っていても、彼女を傷つけまいと直接は言わず我慢していることもあります。

クンニを避ける彼が、「クンニ好き」に目覚める! “舐めたいアソコ”の作り方

しかし、そんな優しさもそう長くは続きません。クンニ中のニオイを我慢し続けていると、だんだんとセックス自体が億劫に感じてしまい、セックスを避けるようになる男性も珍しくありません。

このような男性のクンニに関する本音を知っても、「エッチ直前にシャワーで洗っているから、私はニオイがしないはず」「デリケートゾーンを、しっかり洗っているから私には関係ない」と思う女性も中にはいるでしょう。しかし、シャワーで洗い流すだけではデリケートゾーンのニオイの元を落としきることはできないのです。

その理由は女性器周辺の構造にあります。女性の性器周辺はとても複雑で、その構造故、しっかり洗っているつもりでも汚れが残りやすく、蒸れて雑菌が繁殖してしまうのです。さらに女性器の分泌液は雑菌からカラダを守るために、酸性の成分を含んでいます。汚れと雑菌臭、酸性の成分等が重なることによって、シャワーだけでは落としきれない女性特有の「ムワッとした酸っぱいニオイ」がアソコから漂ってくるのです。

この特殊なタンパク汚れによるニオイを防ごうとボディタオルでゴシゴシ洗ったり、洗浄力の強いボディーソープで洗う女性もいますが、これは間違ったケア方法です。女性器周辺の皮膚は体のどこよりも薄く、それを守っている常在菌が存在します。ほかの部位と同じように洗ってしまうと、常在菌まで落としてしまい、かえってニオイの原因になるだけでなく、摩擦による黒ずみも発生し、見た目の印象まで変わってしまうのです。

「アソコが臭わない!」驚いた彼に舌でたっぷり愛される……クンニ体験談

デリケートゾーンの正しいケア方法を知らない女性がいる一方で、ニオイの悩みから解放され、セックスの度に彼のクンニで快感と愛される喜びを手に入れた女性たちもいます。彼女たちの体験談から、解決策を探っていきましょう。

 

●「全然臭いしないから平気。つい舐めたくなる」(トットちゃんさん / 27歳 / 販売)

数年ぶりに彼氏が出来て、アソコの臭いで彼がガッカリしないかと不安でデリケートゾーン用石鹸を使っていました。

彼がアソコを舐めてくれてる時も不安でいっぱいで、意を決して彼に直接、「汚いから無理に舐めなくていいよ」と伝えました。しかし、彼は「トットのは全然臭いしないから平気。つい舐めたくなる」と言って、またアソコにキスをしてくれました。

とても嬉しくて、ラブタイムの間の不安も消えました。臭いを気にしなければ私も大胆になれるし彼が喜んでくれるので幸せです。

 

●そんな舐め方今まで無かった……(あやめさん / 28歳 / 製造業)

彼は舐めてくれるし、デリケートゾーンのケアをしなくてもまあいいやと思っていました。ある時、彼が舐めた後に一瞬顔を歪めたのです。すぐにいつもの顔に戻りましたが、ショックでした。やっぱりケアしなきゃ!

デリケートゾーン用石鹸を使い続けて数日後、彼の家にお泊りに。でもまだ使って間もないし、自分なりに気にならなくなったと少なからずの実感は得ていましたが、彼がどう思うか……ためらっていたら、彼が舐め始め、あれ? いつもならもうやめてる、そんな舐め方今まで無かった、そんな事思ってるうちに、普段よりも沢山の快感に襲われました。

今までとは断然に違って、驚きました。デリケートゾーン用石鹸でのケアを続けていて、彼も必ず長い時間舐めてくれるようになりました。直接言葉で何かを言われてはいないですが、彼の舐め方の違いで一目瞭然です(笑)

彼が夢中で舐めたくなる! デリケートゾーンの正しいケア方法

「女性のデリケートゾーンは臭うもの」そんな男性の思い込みを覆し、彼が“舐めたいアソコ”を手に入れた彼女たち。そんな彼女たちが使用していた「デリケートゾーン用石鹸」とは、LCラブコスメの「LCジャムウ・ハーバルソープ」!

クンニを避ける彼が、「クンニ好き」に目覚める! “舐めたいアソコ”の作り方

ジャムウとは、インドネシアの各家庭に伝わるハーブなどの天然素材を調合したもので、古くから女性独自のお悩みをケアするものとして用いられていました。

『LCジャムウ・ハーバルソープ』は、そんな伝統の製法をもとに、LCラブコスメが独自に開発したデリケートゾーン用の石鹸です。

クンニを避ける彼が、「クンニ好き」に目覚める! “舐めたいアソコ”の作り方

使い方はとっても簡単! 泡立てネットをよく泡立てた「LCジャムウ・ハーバルソープ」の泡をデリケートゾーンに乗せて、3分間パックするだけ。ニオイや黒ずみの元をさっぱりと洗い流して、清潔感のある美しいアソコへと導いてくれます。

安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤を使用していないので、成分が気になる方にもおすすめ。また、デリケートゾーンはもちろん、ニオイや黒ずみが特に気になるワキや足など全身に使用いただけます。

「女性のデリケートゾーンは臭う」というクンニ嫌いな男性の思い込みは、「LCジャムウ・ハーバルソープ」を使った3分パックで変えられます!

彼に女性のアソコの本当の魅力を知ってもらうために、デリケートゾーンの正しいケアを始めてみませんか? 彼の“舐めたいアソコ”を手に入れて、愛されているという実感と快感を同時に感じられる丁寧なクンニを味わってみてください。きっと二人のセックスの満足度も変わってくるはずです。

クンニを避ける彼が、「クンニ好き」に目覚める! “舐めたいアソコ”の作り方

「LCジャムウハーバルソープ」を開発したLCラブコスメは、女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する「ベッド専用香水」や、彼が思わずあなたの髪をなでなでしたくなるヘアパフュームなど、女性ならではの恋やカラダのお悩みをケアするアイテムが揃っています。

(関連記事)「舐めるのが楽し過ぎる!」彼が夢中にクンニしてしまうアソコとは?

遠藤 加奈の他の記事を読む