恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

うざいと思われるおせっかい9選。おせっかいな人の特徴と対処法6選

2020/01/23

うざいと思われるおせっかい9選。おせっかいな人の特徴と対処法6選

皆さんこんにちは、今回は「うざいと思われるおせっかい9選。おせっかいな人の特徴と対処法6選」と題して、「うざいと思われるおせっかい9選」についての詳細情報をはじめ、その際に気になるおせっかいな人の特徴と対処法を6選ご紹介していきます。

おせっかいな人の特徴6選

うざいと思われるおせっかい9選。おせっかいな人の特徴と対処法6選【診断あり】

おせっかいが好きな人、どうしても他人に対して親切にしたい人・かまいたい人は多いことでしょう。

ですが、そうした親切やかまってしまう心というのは、時としておせっかいと受け取られてしまうこともあるので、なかなか基準や線引きが難しいですよね。

そこでこのようなおせっかい度がどのように線引きされ、またおせっかいにならないで済むか、その辺りについて「おせっかい度」を診断する形で確認していきましょう。

おせっかいな人の特徴1:承認欲求が強い

おせっかいな人の特徴としてまず見られる点は、この「承認欲求が強い」という特徴でしょう。承認欲求が強いというのは、「相手に認められたい」という気持ちが異常に強い性質から生まれるもので、周囲の人たちから自分がどう見られているかを不安に思う気持ちです。

この気持ちに対する欲求が強い場合、その不安材料をなんとか消そうとして相手に認めてもらいたい衝動が生まれ、その気持ちを押しきる態度からおせっかいになってしまいます。

おせっかいな人の特徴2:ボランティア精神が強い

一般的に「ボランティア精神が強い」というのは良い印象を与えるものですが、このボランティア精神の強さによっては、やはり相手からおせっかいと受け取られがちなスタンスになってしまいます。

つまり「そのボランティア精神がどこから来ているのか」が大事なポイントで、得てしてその精神は自己要求を満たすこと・自分が良く見られたい心・自分がそうしたいからそうするなどといった、自分の理想を要求していることが多いものです。

おせっかいな人の特徴3:かまってちゃん

かまってちゃんに見られる特質としても、やはり「他人にかまわれることで安心したい」という要求の強さが抜きん出ている証拠となりやすく、その姿勢が勢い余っておせっかいと受け取られることが多くなるでしょう。

「かまってほしい」という気持ちには紛れもなく主観がそうしている気持ちの強さが見られるもので、その度合いが激しければ激しいほど、相手によってはスタンドプレイの強さが見られます。

おせっかいな人の特徴4:自分の思い通りにしたい

これは先述でご紹介「おせっかいの特徴」のすべてに当てはまる性質・源となりますが、「自分の思い通りにしたい」という気持ちには確実に自己中心的な行動原理が働いているため、どの場合でも相手・周囲の人たちにとっては「おせっかい」の精神が見え隠れします。

まだおせっかいと受け取られるうちは良いですが、これが度を過ぎてしまうと単なる自己中心的な人と見られて非難されるため、この点への自己反省は重要になります。

おせっかいな人の特徴5:他人のことが気になる

他の人と同じでないと困る、他人のように自分も対応しなければ安心できない、などという気持ちも、主にかまってちゃんや承認欲求の強さに起因する背景が見られます。自己確立ができていない場合にこの傾向に陥ることが多く、自分に自信が持てない際に見られます。

他人が気になるあまり、どうしてもその他人の情報を聞き出そうとしておせっかいなまでに情報収集をし、そのことも基本的には自己要求を埋めるための行動原理に基づきます。

おせっかいな人の特徴6:悪気はない

これは先述の「ボランティア精神の強さ」によって得られる行動の様子になりますが、自分ではそう思っていないことでも、相手にとってはかまわれたくない、おせっかいな行動に映っていることはよくあります。

この場合でも、まずは自己反省をしておき、自分の行動が相手にとってどのように映っているか、また改善すべき点があれば改善をする、という行動の改善が必要となるでしょう。

うざいと思われるおせっかい9選

うざいと思われるおせっかい9選。おせっかいな人の特徴と対処法6選【診断あり】

さてここからは、「おせっかい」を通り越して「うざい」と思われてしまう人の傾向や性格のあり方を確認していきましょう。

おせっかいな人というのはたいてい「自己中心的な行動」が基本になっており、その行動原理をそのまま押し通すタイプに見られがちです。

その点を上手く把握しておき、事前に改善できるステップアップを踏んでおくことが重要になるでしょう。

うざいと思われるおせっかい1:勝手な自己判断

「相手にとってこのことは必要だと思うから、必ずその時にはこれをしてあげよう」と決めつけて行動する時、この勝手な自己判断が活性されることになります。

「必要だと思うから」という時点で主観によって相手のあり方を決めてしまっており、また「必ずこれをしてあげよう」という時点で、その自己中心的な行動を押し通すプロットになっています。

これを続けていると、たいてい相手からうざいと思われる原因になります。

うざいと思われるおせっかい2:親切心が恩着せがましい

これは二次的な原因になりますが、たとえばボランティア精神を出して相手に何かしてあげた場合に、そのことを笠に着て「あの時こうしてあげたんだから」といつまでも相手に告げる時などには、この親切心が恩着せがましい態度がよく現れています。

恩を着せるというのは自分を相手よりも高みに引き上げている証拠であり、その点が相手からまずうざがられる強い原因になるでしょう。

うざいと思われるおせっかい3:わざとらしい

これもよくある例ですが、恩着せがましい場合の態度とほぼ同じ例にみられる形で「自分の親切心を相手に認めさせる行動」に映りやすくなることで、この場合のわざとらしさが妙に発揮させられてしまうことがあります。

「私があれだけの事をしてあげたんだから」という言葉を何度も言ったり、言葉に出さなくても態度でそのしつこさを示す場合などには、やはりそのわざとらしい態度をもってうざがられる強い理由になってしまいます。

うざいと思われるおせっかい4:いい人アピール

おせっかいと「いい人アピール」は非常に密接した関係にあるもので、他の人がしないようなことをあえて自分がすることにより、その相手にとって他人より自分のほうが良く見られようとする態度が強くなってしまいます。

いわゆる「他人よりも高みに立とうとする言動」がいい人アピールにつながる場合が多く、たとえボランティア精神を発揮する形でそんな意志がまったく無い場合でも、相手によってはおせっかい・うざいと思ってしまう原因になります。

うざいと思われるおせっかい5:ただの自己満足

おせっかいをしてうざがられる一番の理由は、実はこの「自己満足の強さ」に見られます。相手に対して何かしてあげようとする気持ちが心のどこから来ているのか、その点をしっかり反省しておくことが大切になるでしょう。

自分にとっては良くても、相手にとっては触れられたくない部分である場合や、また逆にその相手から自分が馬鹿にされているような感覚を受けることもあるため、自己満足によって行動することは多くの場面で微妙な「クリアすべき課題」となります。

うざいと思われるおせっかい6:何度もしつこい

「しつこい」というだけですでにうざがられる立派な理由になるでしょう。おせっかいをするというのは、得てしてこのしつこさが伴うことが多くなります。

その場合でも「自分のしつこさ」をわからないままに行動してしまうことが多いため、直すことも難しいでしょう。

この場合も相手にとって自分の行動がどのように映っているのか、そのことをさまざまな角度から確認しておき、自分の姿勢と相手の心境との合致を図ることが重要になります。

うざいと思われるおせっかい7:プライベートに踏み込みすぎ

これもうざがられる・おせっかいと思われるかなり多い原因にあげられます。そもそもおせっかいをする時というのは、たいてい相手の生活状況や心境、その時々で起こる相手のトラブルや問題などを把握した上での行動になります。

そのため、相手のプライベートに土足で踏み込んでしまっていることも多く見られ、その点で相手に強い拒絶感を感じさせてしまうことが多くなるでしょう。

うざいと思われるおせっかい8:許容範囲を超えている

この場合には2パターン見られ、1つ目のパターンでは先述のように「相手のプライベートに土足で踏み込んでいる」というプライベートを無視した言動で、2つ目のパターンでは「そこまでするか」といった度を超えたおせっかいによる行動模様となります。

どちらにしても、おせっかいをしようとする人の主観が生きていることになり、その主観によって「相手にとってこれは良いこと」と勝手に思い込んでいる自己中心的な行動が原因になっています。

うざいと思われるおせっかい9:ありがた迷惑

これもおせっかいをする人の気持ちと、そのおせっかいを受ける側との心境・考え方のミスマッチによる問題になります。

おせっかいをする人にとってそれは「とてもありがたいこと」と映っていても、その相手によっては「まったくの迷惑行為」にしかならないことがあります。

これは日常でもかなり難しい見極めになるもので、その相手の状況を隅々まで把握しておかなければクリアできない、人間関係における重要な課題となるでしょう。

おせっかいな人の対処法6選

うざいと思われるおせっかい9選。おせっかいな人の特徴と対処法6選【診断あり】

さてここからは、おせっかいな人が自分の周りにいた場合に、その人に上手く対処できる方法について6選の形でご紹介していきます。

おせっかいな人というのは、とりわけ悪い印象を与えるものではありませんが、場合によってはトラブルの元ともなります。

このような場合、そのおせっかいを断る方法も難しくなるもので、その際にどのようにすれば相手を傷つけないで対処できるか、その辺りを中心に対処法を覚えておくと良いでしょう。

おせっかいな人の対処法1:おせっかいを焼いてみる

これはおせっかいばかりしてくる人に、こちらから逆におせっかいしてみる、という対処法になります。

自分が現在受けているおせっかいによる状態・心境・思いを、その相手にも同じように経験させることによって、相手の気持ちを理解させようという方法です。

この場合、おせっかいな人が逆に多大なおせっかいをされる時には、得てして「もうそんなことやめてよ」といった迷惑そうな表情をすることがよくあります。

そうなれば自分の気持ちが相手に伝わった証拠ともなり、そこで自分の気持ちを伝えることもできます。

おせっかいな人の対処法2:きっぱりと断る

この対処法では、初めから「おせっかいを焼かないでくれ」ときっぱり断ることによって、深い関係になる前に、その人との付き合い方をある程度決めてしまえる方法になります。

こうすることで少なくとも、相手からの「いい人アピール」や「しつこいおせっかい」、また「自己満足のためだけのおせっかい」などの行動を、事前に回避することができるでしょう。

おせっかいな人の対処法3:隙を見せない

この場合の「隙を見せない」というのは、そのおせっかいな人が近づいてきた時、ついそのおせっかいに乗せられる形で「ありがたい気持ちになっている」というアピールを伝えないための方法になります。

少しでもおせっかいを焼く人に対して感謝の気持ちを投げかけることによって、その相手は「自分の好意(おせっかい)を受け入れてくれた」と感心してしまうことになるため、その後はさらに強いおせっかいが待っている状況にもなりがちです。

おせっかいな人の対処法4:悩みは打ち明けない

おせっかいな人というのは、得てして相手から悩みを打ち明けられるのを待っています。

悩みを打ち明けられれば、自分のおせっかいが発揮される活動場所を見つけられたと喜んでしまい、さらにエスカレートする形でおせっかいの度合いも増していくことでしょう。

そうなるとさらに「いい人アピール」、「自己満足による行動」も同じく増すことになってしまい、かえって軌道修正することが困難になることが多く見られます。

おせっかいな人の対処法5:話半分で聞く

この場合の「話半分で聞く」というのは適度に対処するということで、相手から持ちかけられる話や行動を、丸のみの形で信じない・頼らないという方法になります。適当に相手をしておき、大事な場面ではきっぱり相手との間に線を引く、という行動が大事になります。

それを繰り返すことによって、おせっかい焼きの相手もその人との付き合い方が次第にわかるようになり、それ以上のおせっかいを焼かないように修正される場合が多くなります。

おせっかいな人の対処法6:一定の距離を置く

「自分におせっかいを焼かないでくれ」という姿勢をもって、その相手と一定の距離を持ち続けることにより、先述の例と同じく、おせっかい焼きの人にとってもその相手との付き合い方が次第にわかってきます。

「この人は自分のおせっかいを好んでいない・許さない」といった印象・雰囲気が先行することになり、その関係・ムードによって、相手との交際風景もナチュラルなものになるでしょう。

おせっかいな人と上手く付き合っていこう

いかがでしたか、今回は「うざいと思われるおせっかい9選。おせっかいな人の特徴と対処法6選」と題して、「うざいと思われるおせっかい9選」についての詳細情報をはじめ、その際に気になるおせっかいな人の特徴と対処法を6選の形でご紹介しました。

おせっかいな人の行動原理には、たいてい「自分がしたいからする」という自己中心的な思惑や、またそれをすることによって「自分が良く見られたい」という安心につながる自己満足の心が見られます。

その点を配慮して、ナチュラルな関係を保てるよう工夫しましょう。10秒で終わる診断を用意したので、自分自身に当てはめてやってみましょう。

1 / 10

相手が「大丈夫」と言っていても助けたくなって、助けてしまうことがある