恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

キャパオーバーになりやすい人の特徴8選となったときの対処法

2020/01/29

キャパオーバーになりやすい人の特徴8選となったときの対処法

1 / 10

何かを頼まれた時に、自分の頭の中でちゃんと優先順位を決めることができる

すぐにキャパオーバーになりがちな人っていますよね。その逆で何個も同時にこなせてしまうような人もいます。

何事も慣れかもしれませんが、仕事などはまだしも、何事もこなせてしまう人になりたいですよね。では、あなたがどれだけキャパオーバーになりやすい人なのでしょうか?

キャパオーバーの意味

キャパオーバーになりやすい人の特徴8選となったときの対処法【診断あり】

仕事などをしていて、キャパオーバーをしてしまい、困ったり、悩んだりなどしてしまう人がいます。キャパオーバーとはキャパシティがオーバーすることです。つまり、自分の許容領域を超えてしまうことです。

自分の力量を超える仕事を受けてしまったり、自分ができる作業量以上の仕事を受けたりなどすることでキャパオーバーをしてしまいます。このようなキャパオーバーをしてしまう仕事の仕方をする人にはいくつかの特徴があります。

キャパオーバーになりやすい人の特徴8選

キャパオーバーは自分の許容領域を超えて、仕事などに取り組むことです。許容領域を超えているため、仕事が仕上がらなかったり、決められた納期までに作業が終わらず追い詰められたりなどしてしまいます。

自分ができない仕事は調節をすれば良いと考える人もいます。また、うまく仕事を調節できる人もいます。しかし、キャパオーバーをする人には仕事がうまく調節できなくなるような特徴をいくつか持っています。

キャパオーバーになる人の特徴1:知識が少ない

仕事を効率良くこなすためには、知識や経験が必要です。知識や経験があれば、どの仕事が、どれだけの手間と時間がかかるかを把握でき、うまく仕事を調節できます。

しかし、知識や経験が少ないと、その手間と時間を見誤ってしまい、予定よりも手間と時間がかかってしまい、他の仕事にも影響が出てしまいます。

手間と時間を見誤って、キャパオーバーして仕事を引き受けてしまうというミスは、仕事を始めたばかりの人によく見られます。

キャパオーバーになる人の特徴2:生真面目

真面目な人は与えられた仕事の全てに全力を注いだり、丁寧すぎる仕事をしてしまうなどして、他の人が仕事を行うよりも時間をかけることが多いです。真面目であることは良いことではあります。

ですが、仕事ではある程度のスピードも求められます。真面目な人はきっちりとした仕事はしてくれますが、仕事を正確に仕上げることは仕事をするうえで最低条件です。そのため、単に効率の悪い仕事をしていると判断されてしまうこともあります。

キャパオーバーになる人の特徴3:自分一人で抱え込んでしまう傾向がある

仕事をしていれば、わからないことが出てきたり、自分では解決できない問題にぶつかったりなどすることもあります。そのようなときにはすぐに仲間や上司に相談して、仕事を止めないようにしないといけません。

しかし、何でも自分で解決しようとしてしまう人は、わからないことを自分で調べたり、問題を自分だけで解決しようとしたりします。一人では時間がかかったり、結局は問題を解決できなくなってしまうこともあります。

このタイプはかなり追い詰められないと周囲に相談しないため、助けを求めたときには手遅れということもあります。

キャパオーバーになる人の特徴4:NOと言えない

キャパオーバーしやすい人の定番の特徴が断ることが苦手な性格をしているということがあります。断ることが苦手な人は、頼まれごとをされるとすぐに引き受けてしまいます。

また、自分のキャパがいっぱいになっていたとしても、断ることができずに次々と頼まれごとを引き受けてしまいます。

そのため、常にスケジュールが詰まっている状態で、休む暇もないという状況に陥ってしまうことがあります。休むことができずに予定を詰め込むことで、体力と精神面が疲弊する環境を自ら作ってしまいます。

キャパオーバーになる人の特徴5:責任感がある

責任感が強いことは良いことではあります。しかし、責任感が強いことで、きっちりした仕事をしなければならないなどのプレッシャーを常に感じています。適度なプレッシャーは保つことが必要ですが、必要以上のプレッシャーは自分を追い込んでしまうことになります。

また、責任感が強い人には真面目な人も多く、仕事の効率を落としてしまうこともあり、さらに自分の首を締めるような状況に陥ってしまいます。

キャパオーバーになる人の特徴6:完璧主義

完璧主義は仕事を行うときに、常に自分が納得できるレベルにまで仕上げようとします。丁寧な仕事をすることは良いことですが、1つの作業に大きく時間を使ってしまうため、仕事が遅いことが多いです。

そのため、次々と入る新しい仕事に手が追いつかなくなってしまいます。また、どれだけ丁寧な仕事をしたとしても、人の手で仕事をする以上はミスをゼロにすることはできません。

完璧主義者が仕事でミスをすると、常に完璧にこだわっていることから、メンタル面へのダメージが大きくなる場合もあります。

キャパオーバーになる人の特徴7:思い込みが激しい

仕事をするうえでルールを守ることは重要なことです。また、ルールで決まっていなくても、環境や状況などによる暗黙のルールなどもあります。これらのルールなどを絶対に守らなければならないと思い込んだ人は仕事で柔軟な対応ができません。

そのため、臨機応変に対応すれば効率が良いことも、遠回りをして、あえてルール通りに物事を進めようとしてしまうことがあります。

また、思い込みが激しい人は他人がルールから外れると、間違ったことをしていると思って、注意したり、指摘するなどして、場の流れを乱すこともあります。

キャパオーバーになる人の特徴8:途中でやめることに罪悪感を感じる

物事を途中で投げ出してしまうことは悪いことと言われることあります。また、途中で物事をやめることで誰かに迷惑がかかるなどと考えて、罪悪感を感じる人もいます。

しかし、仕事では最後まで仕上げることが重要です。自分だけでは解決できないことを、いつまでも自分だけで悩んで解決できないままにすることで、その仕事の先で待つお客さんに迷惑をかけてしまいます。

途中でやめることに罪悪感を感じる人は責任感が強かったり、真面目な人が多いです。

キャパオーバーになったときの対処法8選

キャパオーバーになりやすい人の特徴8選となったときの対処法【診断あり】

キャパオーバーになってしまう人にはいくつかの特徴があります。キャパオーバーの状態に陥ってしまうと、その状態からなかなか抜け出せなくなってしまい、体力も精神も疲弊してしまうこともあります。

そのため、よくキャパオーバーをしてしまうという人は、事前に対処法を用意して、キャパオーバーをしないように対策を立てておく必要があります。

キャパオーバーになったときの対処法1:休息をとって気分転換

キャパオーバーをしてしまう人の中には、責任感が強かったり、真面目であったりなどすることから、完璧主義になってしまったり、思い込みが激しい状態になってしまったりなどすることがあります。

これらのタイプの人は休息を取らずにきっちりした仕事を仕上げるために詰めて作業を行っていることがあります。しかし、それでは心身が疲弊してしまうので、適度に休息を取って、気分転換するようにしましょう。

休息を取るための時間を作るということを意識するだけでも仕事の調節になることもあります。

キャパオーバーになったときの対処法2:相談する

物事を一人で抱え込んでしまったり、途中でやめることに罪悪感を感じたりなどする人は、問題が起こっても、自分だけで解決しようとしてしまうことがあります。また、周囲に相談するときにはすでに手遅れなってしまっていることもあります。

このような状況を避けるために、些細なことでもすぐに周囲に相談することを意識しましょう。また、いざというときに相談できるように、小さな相談を日頃から行っておくと、大きな相談もしやすくなります。

キャパオーバーになったときの対処法3:協力を求める

上記で述べた通り、日頃から相談をしておくことは重要です。日頃から相談をしておくことで、トラブルが起こった際には周囲に協力も求めやすくなります。

また、トラブルが起こったときには、周囲に協力を求めると迷惑をかけるなどと思う人もいますが、解決を先延ばしにした後で協力を求めた方が迷惑をかけるということを把握しておきましょう。

キャパオーバーになったときの対処法4:断る努力をする

頼まれごとを断れない人は、すでにキャパオーバーしているにもかかわらず、次々と新しい頼みごとを引き受けてしまいます。そのため、常に忙しい状態が続き、心身を疲弊していきます。

このような状況に陥らないために、断る勇気を持つようにしましょう。もし、断れない頼みごとであれば、スケジュールを調整してから引き受けるようにして、無理な予定を作らないようにしましょう。

キャパオーバーになったときの対処法5:完璧を求め過ぎない

完璧主義の人は、常に完璧を求めて全力で仕事に取り組むことが多いです。きっちりした仕事をすることは重要なことですが、仕事を完璧にするために時間をかけすぎて、他の仕事に支障が出るという連鎖を繰り返してしまいます。

そのため、仕事の内容によって、サッと終わらせてしまうもの、時間をかけて行うものなど、力の入れ具合を判断することも重要です。

キャパオーバーになったときの対処法6:自分を過大評価しない

頼みごとを断らない人の中には、自分であれば頼まれたことをこなすことができると思って引き受けてしまっている人もいます。このような自身の過大評価によって、頼まれたことを済ませるための時間や手間などを見誤ってしまい、キャパオーバーを起こしてしまいます。

そのため、自身の力量を正確に把握しておくことは重要です。また、頼まれごとをされたときには、ある程度のゆとりを持って引き受けることも意識しましょう。

キャパオーバーになったときの対処法7:何もしない時間をダメと思わない

責任感が強い人や、思い込みが激しいなどの人の中には、周囲が仕事をしている職場で、自分だけの手が空いているということがいけないことと思ってしまっている人もいます。

手が空いているのであれば、他の人の仕事を手伝っても良いですが、必ず急に自分の仕事が入ったときのためのゆとりは残すようにしましょう。

また、仕事では忙しいタイミングと、そうでないタイミングがあります。そのため、忙しいタイミングに備えておくことも重要な仕事です。

キャパオーバーになったときの対処法8:余裕を持つ

上記で述べた通り、常に何かをしていないと落ち着かないという人もいます。しかし、手が空いているときには、忙しくなったときのために備えておくことも重要なことです。そのため、常にゆとりを作っておくことも重要です。

また、仕事が詰まってきても、ある程度のゆとりは残して起き、急な仕事やトラブルに対処できるようにしておきましょう。

キャパオーバーになって辛いときには周りの人に相談して協力してもらおう

キャパオーバーになりやすい人の特徴8選となったときの対処法【診断あり】

キャパオーバーをしてしまう人にはいくつかの特徴があります。しかし、それらの多くは周囲に相談をすることで解決するものが多いです。そのため、いざというときに大きな相談ができるように、日頃から小さな相談をするようにしておきましょう。

また、自分以外にキャパオーバーしやすい人が近くに入れば、声をかけて協力し合うようにしましょう。10秒で終わる診断を用意したので、自分自身に当てはめてやってみましょう。