恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

気まずいってそもそも何だろう? 気まずい関係への対処方法5選

2020/01/29

気まずいってそもそも何だろう? 気まずい関係への対処方法5選

1 / 10

自分は奥手な方だと思う

初対面が苦手で会話が続かない……異性との会話が続かなくて気まずい空気になることもありますよね。

異性との会話力をアップすれば、楽しくデートしたりと良いことが多いです。会話力を高めることは恋愛力をアップさせるということにもなります。

気まずいとは

気まずいってそもそも何だろう? 気まずい関係への対処方法5選【診断あり】

人と話すことが苦手であったり、初対面の人と二人きりなったりなどで、気まずい空気になってしまうことがあります。気まずい空気が流れてしまうと、自分も相手もどのように対処して良いかわからなくなり、さらに気まずくなってしまうということもあります。

しかし、うまく気まずい空気を解消したり、回避できる人もいます。その人たちの様子を見ることで、気まずい空気を作らないための対処方法のヒントを得られることがあります。

気まずいの意味

気まずいとは、相手と気持ちが合わずに不快感を感じたり、打ち解けていないときなどに使われる言葉です。

そのため、初対面の人や、あまり中がよくない人と二人きりになったりなどすると、何を話して良いわからず、お互いが無言となってしまい、気まずい空気が流れたりします。自分が気まずい空気を感じている場合は、相手も同じように気まずい空気を感じていることが多いです。

気まずいの使用例

気まずいとは、相手と気持ちが合わずに不快感を感じたり、打ち解けていないときなどに使われる言葉です。

そのため、「初めて会った人と部屋で急に二人きりとなり、何を話して良いかわからず無言になって、気まずい空気が流れた」、「昨日ケンカした友人と講義で席が隣になり、気まずい空気になった」などのような使われ方をします。

気まずいと感じる瞬間3選

気まずいってそもそも何だろう? 気まずい関係への対処方法5選【診断あり】

上記で述べたように、初対面の人と二人になったり、ケンカ相手と一緒に過ごさなければならなくなったりなど、相手と打ち解けられていない状態であることが原因で不快感を感じてしまうことで、気まずい空気が流れることがあります。

他にも、気まずいと感じる場面はいろいろあります。気まずい空気に対処するためには、どのような場面で気まずい空気が流れやすいか把握して、事前に心の準備を整えられるようにしておくことは重要となります。

気まずいと感じる瞬間その1:初対面で何を話していいかわからない

気まずいと感じる定番の場面は初対面の人と接するときです。初対面であれば、どのような人なのか、どのようなことに興味があるのかなど、お互いの情報が少ないです。

そのため、何を話せば良いかわからず、無言になってしまって気まずい空気が流れることがあります。また、勇気を出して会話を初めても、相手の情報がないため、手探りで話題を探し、その話題が盛り上がらずにさらに気まずい空気になってしまうこともあります。

気まずいと感じる瞬間その2:過去に確執がある人と同じチームになった

ケンカなどをすれば、普段は仲の良い人が相手でも気まずい空気になってしまうこともあります。そのような場合は、お互いが顔を合わせないようにするなどして、気まずい空気を避けるようになることが多いです。

しかし、学校での講義や、仕事で同じチームになるなど、顔を合わせることを避けようとしても避けられない状況になることもあります。

また、気まずいときに限って、一緒に作業などをしなければいけなくなったりすることもあるため、さらに気まずくなってしまうこともあります。

気まずいと感じる瞬間その3:間違った知識を披露していた

知っていることがあると、つい自慢気にその知識を披露したくなることもあります。しかし、その自信満々に披露した知識が間違っていたというときには、非常に恥ずかしい思いをします。

また、自分が恥ずかしいだけでなく、その話しを聞いていた周囲の人も、披露された知識が間違っていたということで、その対応に困ってしまい、気まずい空気が流れたりすることもあります。

気まずい関係の人への対処方法5選

気まずいってそもそも何だろう? 気まずい関係への対処方法5選【診断あり】

先に述べた通り、ケンカなどで確執のある人とは気まずい空気になりやすいです。いつまでも確執を残したままでは、いつまでも気まずい関係のままとなってしまいます。

気まずい関係は放置しておくと、さらに気まずさが増してしまうこともあります。そのため、なるべく早く、気まずい関係になってしまった人に対処をして、気まずい関係を解消する必要があります。

気まずい関係の人への対処方法その1:自分に非があれば素直に認める

ケンカなどで確執ができてしまっている場合には、関係を修復することが気まずい関係を解消するための手取り早い方法となります。

確執の原因にはいろいろな要素が絡んでいることが多いですが、その要素の中で、自分に非がある部分については素直に認めて、相手に謝罪したり、理解を求めたりなどしましょう。

自分が非を認めることで、相手は相手の非を認めてくれ、気まずい関係が解消されることがあります。

気まずい関係の人への対処方法その2:相手の価値観を知る

相手と意見や考えなどが食い違うことが確執の原因となることもあります。しかし、人の価値観はそれぞれです。そのため、自分の価値観と違う価値観を持つ人もいるということを知っておきましょう。

自分の価値観と違うからといって衝突してしまうと、気まずい関係になってしまうことがあるので、相手の価値観を受け入れて接するようにしましょう。

気まずい関係の人への対処方法その3:物の言い方に気を付ける

物の言い方には注意しないと、本人にその気がなくても相手から失礼な人や、気分の悪い人などと勘違いされてしまうことがあります。これもお互いの価値観の違いが原因で起こることがあります。

そのため、会話をするときには、まずは自分の基準で話し方を決めるのではなく、相手に合わせて話し方を決めるようにしましょう。特に、初対面の人と初めて会話をする際には注意が必要です。

気まずい関係の人への対処方法その4:リラックスする

気まずい関係となってしまった人と接する際に、緊張を感じてしまうこともあります。しかし、緊張をした状態で接し続けると、相手からその接し方が不自然と感じられてしまう可能性があります。

そのため、気まずい人と接するときには、まずリラックスして、自然に接することができるように意識しましょう。また、自分が緊張していると、相手も緊張してしまうということもあります。

気まずい関係の人への対処方法その5:コミュ力のある人物に助けを求める

人と接することが苦手でよく気まずい空気を作ってしまうという人もいます。逆に、どのような人が相手でも、すぐに打ち解けてしまい、気まずい空気を作ることがなかったり、気まずい空気になっても、すぐに場の空気を和ませられるという人もいます。

気まずい空気を避けたり、解消したりできる人はコミュ力が高いことが多いです。そのため、このようなコミュ力の高い人を交えて、気まずい空気を避けたり解消してもらうという方法もあります。

気まずい状況を打破する会話テク5選

気まずいってそもそも何だろう? 気まずい関係への対処方法5選【診断あり】

気まずい状況になったときには、コミュ力の高い人を交えて、その人に気まずい空気を解消したり、避けたりしてもらうという方法もあります。

しかし、コミュ力の高い人が気まずい空気に遭遇した際に、いつも近くにいてるというわけではありません。そのため、自分でも気まずい状況を打破するための会話テクを身につけておいた方が良いでしょう。

気まずい状況を打破する会話テクその1:自分のちょっとした情報

初対面の人との会話で、相手との共通の話題を探るために、いろいろと質問をしてしまう人がいます。しかし、いきなり心を許して自分のことを話してくれる人は少ないです。

そのため、相手のことを知りたいときには、相手に質問するのではなく、自分のちょっとした情報を先に伝えて、どの情報に興味を持つのかを探るようにしましょう。

気まずい状況を打破する会話テクその2:失敗談や自虐ネタ

相手に心を開いてもらうためには、まず自分のちょっとした情報を先に伝える必要があります。その情報は失敗談や自虐ネタなど柔らかい内容のものが良いでしょう。

いきなり仕事や学歴、時事ネタなどの固い話しをしてしまうと、相手が興味を持たなかったときに、さらに心を硬く閉ざしてしまう可能性があります。第一印象は重要なので、最初の話題には特に注意が必要です。

気まずい状況を打破する会話テクその3:「はい」か「いいえ」で答えられる質問

先に述べた通り、いきなり心を開いてあれこれと自分の話しをしてくれる人は少ないです。そのため、まずは自分のちょっとした情報を相手に伝える必要があります。

また、自分ばかりが話していても仕方ないので、いくつかは相手に質問などをして、相手に話すきっかけを作る必要があります。

その際の質問も、相手に深く踏み込む質問ではなく、「はい」か「いいえ」で答えられるくらいの軽い質問にしておき、徐々に会話を広げるようにしましょう。

気まずい状況を打破する会話テクその4:「木戸に立てかけし衣食住」を意識する

気まずい雰囲気の際に、どのような話題を振れば良いか迷ってしまうこともあります。そのような場合には、営業トークなどでよく使われる「木戸に立てかけし衣食住」を意識すると良いでしょう。

「木戸に立てかけし衣食住」は季節、道楽、ニュース、旅、天気、家族、健康、仕事、衣料、食、住居のそれぞれの頭文字を組み合わせたもので、これらの話題は話が広げやすく、無難な会話の入り口となりやすい話題です。

気まずい状況を打破する会話テクその5:リアクションを大きめにする

気まずい状況になると、会話をしていても雰囲気が暗くなってしまてい、話題が広がらないということがあります。そのような状況を防ぐために、気まずい状況のときこそ、大きな声を出したり、リアクションを大きめにしたりなどしましょう。

場の空気が少し明るくなるだけでも、会話が広がりやすくなり、会話が広がっていく頃で気まずい状況を解消できることもあります。

気まずい状況を打破できる会話力があるかチェック!

気まずいってそもそも何だろう? 気まずい関係への対処方法5選【診断あり】

人と接することが苦手であったり、初対面の人や苦手な人と接したりなどするときに、気まずい状況になってしまうことがあります。気まずくなるとお互いが無言になり、さらに気まずくなってしまうこともあります。

無言の気まずい状況を打破するためには、相手と会話をする必要があり、また気まずい状況を打破できるだけの会話力が必要となります。

自分には気まずい状況を打破できるだけの会話力があるかどうかを把握しておきましょう。10秒で終わる診断を用意したので、自分自身に当てはめてやってみましょう。