恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

心配性な人の特徴9つとは? 疲れないための改善策7つも紹介

2020/04/01

心配性な人の特徴9つとは? 疲れないための改善策7つも紹介

1 / 10

鍵を閉めたか不安で家に引き返し、遅刻したことがある

心配性な人はネガティブ思考に陥りやすく、心配な要素をいろいろと考えてしまって、なかなか行動が起こせないことなどのいくつかの特徴があります。

しかし、心配性な性格はこのようなデメリットだけでなく、いくつかのメリットもあります。

心配性とは?

心配性な人の特徴9つとは? 疲れないための改善策7つも紹介

何か行動を起こそうとするときに、先にあれこれと考えてしまい心配になってしまうことがあります。

また、行動を起こした後に、その行動が正しかったのか、正しく行えていたかなど不安になってしまうこともあります。

これらの心配は誰でも、ふと感じることがあります。しかし、心配性な人はこの心配を多く感じてしまっています。

実は成功者に多い心配性

心配性な人は、自身の言動に対して心配を感じてしまうことがあります。

心配性ではない人からすると心配性の人のこれらの考えや行動がじれったく感じてしまったり、それほど心配しなくても大丈夫なのに、と思ってしまうこともあります。

しかし、心配性な人が自らの言動に対して心配を感じるということは、多くのことを想定することができているということです。

他の人では考えもつかない可能性をいろいろな角度から考えることができるので、この心配性の性格をうまく仕事で活かせている人は、仕事で成功していることもあります。

心配性な人の特徴9つ

心配性な人の特徴9つとは? 疲れないための改善策7つも紹介

心配性な性格はいろいろな角度から、多くの可能性を検討できることもあります。

そのため、うまく仕事に活かせれば、仕事で成功できる可能性も秘めています。

しかし、たいていの心配性な人は周囲からネガティブな印象を持たれてしまうことも多いです。

心配性な人がネガティブな印象を周囲に与えてしまうのは、心配性な人がいくつかの特徴を持っているためです。

心配性な人の特徴1:ネガティブ思考

心配性な人は行動を起こす前にいろいろな角度から、多くの可能性を検討することができます。

そのため、うまくその性格を活かせれば、いろいろなリスクを回避することに役立ちます。

しかし、心配性な性格の人の中には、失敗する場合の可能性ばかりを思い浮かべてしまう人もいます。

行動を起こすための判断材料が失敗につながるものばかり思い浮かべてしまうことで、ネガティブ思考に陥ってしまい、何もできなくなってしまいます。

心配性な人の特徴2:最悪な事態ばかり想像する

上記で述べた通り、心配性な人は失敗する可能性ばかり思い浮かべてしまい、ネガティブ思考になってしまうことがあります。

また、心配性な人は最悪の場合をまず想定します。最悪な場合が起こる可能性がわずかなものの場合、心配性ではない人であれば「そんなことは起こらない」と考えの中から真っ先に消してしまいます。

しかし、心配性な人はネガティブ思考となっているため、「わずかな可能性でも起こり得る」と判断してしまいます。

心配性な人の特徴3:完璧主義

心配性な人は、多くの失敗の要素を考えることができるため、仕事上のリスク回避の準備をすることができます。

しかし、多くのリスクに対して準備してしまうため、逆に仕事効率を落としてしまうこともあります。

また、心配性な人は些細なミスもしないように、完璧に仕事をこなそうと考えがちです。

完璧主義は良いことのように捉える人もいますが仕事をする上での完璧主義は、効率良く仕事ができず融通が効かないことも多いのであまり良いことと捉えられません。

心配性な人の特徴4:確認行為が多い

上記で述べた通り、心配性な人は多くのことを心配してしまうことから完璧主義となってしまう人もいます。

物事を完璧にこなそうとするあまり、多くの場面で確認行為を行ってしまうでしょう。

ポイントを押さえて確認するのではなく、ことあるごとに確認を行うため、作業効率を落としてしまいます。

また、日常生活では鍵をかけたか火は消したかなどが不安になり、確認に戻るなどの手間を増やしてしまうこともよくあります。

心配性な人の特徴5:自分に自信がない

心配性な人は、仕事でミスをしないように確認行為が多くなることがあります。

これは完璧主義になってしまっている場合もありますが、自分の能力に自信が持てていないからという場合もあります。

自分の能力に自信がなければ、どこかでミスをしているかもしれないと心配になってしまい、自然と確認行為が多くなってしまいます。

もし、自分の能力に自信がないタイプの心配性な人がミスをしてしまうと、ネガティブ思考が強くなり、さらに自信をなくして、再びミスをするという悪循環に陥ってしまうこともあります。

心配性な人の特徴6:なかなか行動に移せない

心配性な人は行動を起こす前に多くの可能性を考えることができます。

しかし、心配性な人にはネガティブ思考を持っている人もいるので、行動を起こす前に失敗する可能性の方を考えてしまいがちです。

また、心配性な人はわずかな可能性であっても、最悪の事態を想定して物事を判断してしまいます。

心配性な人はネガティブ思考になっているので、失敗のリスクをいろいろと考え想像することで、なかなか行動が起こせなくなるのです。

心配性な人の特徴7:想像力・分析力に優れている

心配性な人は行動を起こす前に、いろいろな角度から、多くの可能性を考えることができます。

そのため、他の人では考えつかないことも可能性として含めて、物事を判断することができます。

多くの可能性を想定できるのは、心配性な人がそれだけ先のことを想像する力を持っていたり、現状を分析する力を持っているためです。

しかし、想像力と分析力が優れていることで、多くの失敗のリスクまで考えてしまい、ネガティブ思考の原因になってしまうこともあります。

心配性な人の特徴8:人の気持ちがわかる・気配りができる

心配性な人は想像力と分析力が優れています。そのため、先に起こる物事の可能性を考えることができます。

また、この想像力と分析力は物事に対して有効なだけでなく、人に対しても有効です。

人のことを分析できることで、その人の気持ちや望んでいることを分析することができます。

人の気持ちや望みを把握できるため、相手に合わせた気配りもできます。

心配性な人の特徴9:リスク管理能力が高い

先に述べた通り、心配性な人は先のことに対して、想像や分析をして、多くの可能性を検討することができます。

特に、失敗の可能性について判断することができます。そのため、事前に失敗の要素に備えて回避準備をすることもできます。

心配性な人の中には仕事などで成功している人もいるのですが、そのようなタイプの心配性な人は、その性格をリスク管理能力にうまく活かしているという場合があります。

心配性で疲れないための改善策7つ

心配性な人の特徴9つとは? 疲れないための改善策7つも紹介

心配性な人には、人の気持ちをわかって気配りをすることができたり、仕事で高いリスク管理能力を発揮するなどのメリットもあります。

しかし、うまく心配性な性格を活かせていない人は、あれこれと多くの心配を抱えてしまうため、心身が疲れてしまうことがあります。

心配性な人は疲れがたまると、ネガティブ思考が強くなってしまうこともあるため、心配によって疲れてしまわないよう意識して過ごす必要があります。

1:物事の良い面・悪い面を理解する

心配性な人はネガティブ思考に陥りやすいです。それは失敗することをまず考えてしまうことが理由の1つにあります。

世の中には良いことや成功することよりも、悪いことや失敗に関する要素の方が多くあります。

そのため、心配性な人がいろいろなことを考えても、ネガティブな結果しか出てこないこともあります。

しかし、良いことや成功する要素もあるでしょう。多くの可能性を考えられる心配性な人であれば、他の人が見つけられない良いことや成功する要素を見つけ出せすことも可能です。

2:まずは行動する

心配性な人は行動を起こす前にネガティブな結果ばかりを思い浮かべてしまうことがあります。

しかし、行動を起こしてみると、思っていないようなことが起き良い結果につながったり、行動の途中で新しい選択肢が増えることもあります。

そのため、行動を起こす前に悪い結果を想像するのではなく、行動を起こしながらその都度最善の選択を続けていき、良い結果へと導いていくようにしましょう。

3:心配しても無駄なことを理解する

心配性な人はいろいろなことを考えて心配になってしまいます。心配になる要素を取り除けば心配性な人も心配をする必要はなくなります。

しかし、すべての不安要素を取り除くことが難しい場合もあります。また、不安要素があってもやらなければいけないこともあります。

そのような場合には、不安要素があるからと心配をしても仕方がないので、心配して行動を起こさないよりも、常に最善を心がけて行動を起こすことを意識しましょう。

4:先々のことまで考えない

心配性な人はいろいろなことを考えてしまい、心配な感情を持ってしまいます。

しかし、行動を起こすと、その多くは取り越し苦労であるということも多いです。

心配をするだけ、行動や判断を鈍らせてしまうのであれば、無理に多くのことを考えすぎないようにしましょう。

あまり先々のことまで考えない方が効率良く動ける場合もあります。

5:心配性であることを自覚する

上記で述べた通り、心配性な人が持つ心配は、わざわざ心配しなくても良いというものも多くあります。

このような無駄な心配をするたびに、自分が心配性で無駄な心配を多くしてしまっているということを自覚していきましょう。

どのようなことが無駄な心配かを判断できれば、その後は徐々に無駄な心配を減らしていくことができるようになります。

6:心配事をすべて紙に書いて分析する

無駄な心配を把握して減らしていくことで、心配性であることの負担を減らすことができるようになります。

しかし、心配性な人は多くの心配を抱えるため、どれが無駄な心配であるか判断できないこともあります。

そのような場合には紙に心配している内容を書き出して、視覚化してみましょう。心配事を視覚化することで客観的に判断しやすくなります。

また、差し支えのない内容であれば、人に見てもらって相談し、判断しても良いでしょう。

7:信じられる人と言葉を見つける

心配性な人は無駄な心配を自分で判断できないこともあります。そのような場合には、上記で述べた通り人に相談しても良いでしょう。

心配性でない人であれば、無駄な心配を判断することができます。ただし、相談は信じられる人にするようにしましょう。

もし、信じきれない人に相談をして、無駄な心配を判断してもらっても、その心配が本当に無駄な心配であったか不安を感じてしまう場合もあります。

心配性を個性ととらえて前向きに過ごそう

心配性な人はネガティブ思考に陥りやすく、心配な要素をいろいろと考えてしまって、なかなか行動が起こせないことがあります。

しかし、心配性な性格はこのようなデメリットだけでなく、多くの可能性を事前に考えることができたり、高い想像力や分析力があるなどのメリットもあります。

そのため、心配性なことは必ずしも悪いことではないので、個性として捉えて活かす方法を考えてみましょう。