恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

苦手な人付き合いを克服する方法6選。人付き合いが苦手な人の特徴

2020/01/22

苦手な人付き合いを克服する方法6選。人付き合いが苦手な人の特徴

1 / 10

会社の飲み会はほとんど参加しない

会社の同僚、ご近所さん、先輩後輩など人間関係ってとっても大事ですよね。でも、大事だからこそ時折とってもわずらわしくなるんです。

それでもあなたはきちんと人間関係、無難にこなしていますか? この記事では苦手な人付き合いを克服する方法についてご紹介しています。

人付き合いが苦手な人の特徴5つ

三角関係に巻き込んでくる女性の特徴7選。三角関係に陥らないための対策【診断あり】

会社の同僚、ご近所さん、先輩後輩など、私たちが日常生活を送る上で人間関係を完全にゼロにすることはほぼ不可能です。避けては通れない人付き合いだからこそ、そのことで苦悩したりストレスを感じることも多いでしょう。

人間関係を無難にこなしていると胸を張って言える人は、果たしてどれほどいるのでしょうか? ここでは人付き合いが苦手な人の特徴をご紹介していきます。ご自身にいくつ当てはまっているか、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

人付き合いが苦手な人の特徴1:自分に自信がない

人付き合いが苦手な人の特徴としてまず挙げられるのが、自信が欠如しているということです。自尊心が低く自分に自信が持てないからこそ、他人の前で自分らしくいることができません。

また、人と接するたびに「変なことを言ってこの人に嫌われてしまうのでは」という恐怖や不安に支配されてしまうため、心が疲れてしまうのです。

人付き合いが苦手な人の特徴2:人に気を遣いすぎる

気を遣いすぎるというのも、人付き合いが苦手な人の特徴として挙げられるでしょう。優しく細やかな性格をしていて人一倍気の利く人物は、他人と接する時にあれこれと気を遣ってしまうため、人付き合いのたびに精神をすり減らしてしまいます。

細やかな心配りができるので周囲の人からは好かれますが、本人としてはできるだけ人付き合いをしたくないと内心では考えているでしょう。

人付き合いが苦手な人の特徴3:物事を深く考えすぎる

人付き合いが苦手な人の特徴として、物事を突き詰めて考えてしまうということも挙げられます。そもそも、楽観的な人は誰かから嫌なことを言われたとしても深く考えず、さらりと受け流すことができます。

反対に、物事を深く考えてしまう人は相手に言われたことを真に受けてしまうため、精神的なストレスを蓄積しやすく、人と接するのが億劫になってしまうでしょう。

人付き合いが苦手な人の特徴4:過去にトラウマがある

過去に人間関係で嫌な経験をしたことがあるというのも、人付き合いが苦手な人の特徴のひとつです。

もともと明るく社交的な性格をしていたとしても、過去に友達や恋人からひどい裏切りを受けたり、いじめなどを受けたことがトラウマになって、人付き合いを避けるようになるケースも少なくありません。人と接することに苦手意識を植え付けられてしまったのです。

人付き合いが苦手な人の特徴5:他人の評価を気にする

人付き合いが苦手な人は、良くも悪くも他人の評価や視線を気にしてしまう傾向が強いと言えるでしょう。他人が自分をどう思っているのかを過剰に気にしてしまうからこそ、人と接するたびに神経をすり減らしてしまいます。

また、少しでもそっけない態度を取られると「嫌われてしまった」と過剰反応して深く傷ついてしまうため、ますます人付き合いが苦手になるでしょう。

苦手な人付き合いを克服する方法6選

コミュニケーション能力が高くなく、人付き合いを苦手に感じている方も少なくないはずです。しかし、社会生活を送る上でどうしても人付き合いを避けることはできません。

だからこそ、少しでも人付き合いが上達する方法を知ってそれを実践したいものでしょう。そこでここからは、苦手な人付き合いを克服するためのとっておきの方法を6つピックアップしてご紹介していきます。

苦手な人付き合いを克服する方法1:他人と比べない

人付き合いを克服する方法としてまずおすすめしたいのが、自分と他人を比較する癖をやめるということです。コミュニケーション能力が高かったり明るく社交的な人を見ると、ついその人と自分とを比べては「自分はなんてダメな人間なんだ」と落ち込んだり、劣等感を刺激されてしまうからです。

そうすると余計に自信を喪失し、人付き合いが苦手になってしまいます。だからこそ、「自分は自分」と割り切るようにしてみてください。

苦手な人付き合いを克服する方法2:物事を軽く考えてみる

物事を深く考えないようにするというのも、人付き合いが下手な人にぜひおすすめしたい方法のひとつです。何か違和感を覚えることや気になることがあっても、突き詰めて考えずに「まあいいや」と軽く受け流せるようになりましょう。

楽観的になって何事もあっさりと考えるように努めれば、人付き合いのたびに苦痛を感じることも少なくなり、気持ちが楽になるはずです。

苦手な人付き合いを克服する方法3:一人で抱え込まない

苦手な人付き合いを克服する方法として、ひとりで問題を抱え込まずに誰かに相談するということも挙げられるでしょう。人付き合いでしんどいことや傷つくことがあったのならば、誰かに相談してみてください。

話を聞いてもらうだけでも気持ちの整理がつきますし、心が軽くなるはずです。家族や友人など、信頼できる人に人付き合いの悩みを打ち明けてみてはどうでしょうか。

苦手な人付き合いを克服する方法4:肩の力を抜く

あまり気を張らずに肩の力を抜いて人と接するというのも、苦手な人付き合いを克服するための方法としておすすめです。「人に嫌われたくない」「変に思われたくない」という気持ちが強すぎると肩に力が入りすぎて、スムーズに会話ができなくなってしまいます。

「嫌われても死ぬわけではないし、別に問題ない」と開き直ることができれば、人と接する時にリラックスした状態でいられるでしょう。

苦手な人付き合いを克服する方法5:誰かに話を聞いてもらう

人付き合いが苦手に感じているならば、今自分が抱えている悩みを誰かに聞いてもらってみてください。生まれつき社交的な性格の持ち主でもない限り、多くの人はいままでの人生で多かれ少なかれ人間関係で、悩んだり傷ついてきたはずです。

だからこそ、そんな人に話を聞いてもらうことで、経験にもとづいた適切なアドバイスをもらえるでしょう。

苦手な人付き合いを克服する方法6:気軽に心を開いてみる

心を閉ざさず、ありのままの自分で人と接するようにするというのも、苦手な人付き合いを克服する方法として挙げられます。取り繕った自分でいると苦痛に感じてしまうものですし、相手にもそのことを感づかれてしまうものです。

反対に、こちらが心を開けば相手も心を開いてくれるでしょう。人間関係を良くするためには、人を信じて心を開く勇気も必要です。

苦手な人付き合いを克服するときの注意点3つ

ここまでは、人付き合いが苦手な人のためにその克服方法について解説してきました。「あまり人と接するのが好きではない」という程度の人ならば、これらの方法を実践することでスムーズに人と交流できるようになるでしょう。

ですが、人付き合いが極度に苦手な人の場合はいくつか注意が必要になります。ここからは、苦手な人付き合いを克服する上で注意したいポイントについて見ておきましょう。

苦手な人付き合いを克服するときの注意点1:無理はしない

苦手な人付き合いを克服する上で注意したいポイントとしてまず挙げられるのが、決して無理はしないということです。

過去に対人関係で深く傷つきトラウマを持っている人にとって、無理をしてまで他人と積極的に交流しようとすると、余計に人付き合いの苦手意識や恐怖心が増幅してしまいます。焦らず、できる範囲でよいので少しずつ人と交流する機会を増やすだけでも大丈夫です。

苦手な人付き合いを克服するときの注意点2:適度な距離を保つ

苦手な人付き合いを克服しようと前向きになるのは素晴らしいことですが、だからと言ってどんな人とも深い関係を築こうとしてしまうと心が疲れ切ってしまいます。また、時には相手から面倒くさく感じられてしまうことさえあるでしょう。

人付き合いが苦手な人にとって達成すべき目標は、多くの人と深い関係を築くことではなく、広く浅い関係をそつなく築くことです。相手に深入りしすぎるとストレスを受けることが増えるので、適度な距離を保つようにしてみてください。

苦手な人付き合いを克服するときの注意点3:自然体でいる

自分を取り繕ったり偽ることをせず、ありのままの自然体でいるというのも、苦手な人付き合いを克服する時に実践してもらいたいポイントのひとつです。

人から好かれようとして無理に自分の「キャラ」を作っても、結局は自分の心を追い込んでしまうだけですので、人付き合いのために自分を偽る必要はありません。ありのままの自分を受け入れてくれる人を大切にすればよいのです。

苦手な人付き合いを克服するメリット4つ

他人と接するのが苦手な人にとって、「なぜ苦痛を感じてまで苦手な人付き合いを克服しなければならないのか」と感じ、モチベーションを得られないと悩む方も少なくないでしょう。

ですが、人付き合いができるように努力をすることで得られるメリットはとても多いのです。そこでここからは、頑張って苦手な人付き合いを克服することのメリットについて詳しくチェックしていきましょう。

苦手な人付き合いを克服するメリット1:交友関係・人脈が広がる

人付き合いが上手くできるようになるメリットとしてまずご紹介したいのが、交友関係が広がるということです。交友関係が広がれば親友と呼べる人も増えるでしょうし、恋のチャンスも巡ってくるでしょう。

何より、孤独感や寂しさをなくすことができます。加えて、広がった交友関係をもとに仕事に役立つ人脈を得ることも可能でしょう。

苦手な人付き合いを克服するメリット2:行動範囲が広くなる

行動範囲がぐっと広がるというのも、苦手な人付き合いを克服することで得られるメリットのひとつです。人付き合いが苦手な人はインドア派な傾向が強く、休日も家に引きこもって一人きりで過ごしてしまいます。

ですが、苦手な人付き合いを克服して人への苦手意識を減らすことができれば、気持ちも前向きになって行動パターンもポジティブに変わるでしょう。

苦手な人付き合いを克服するメリット3:知識や教養が身につく

人付き合いができるようになるメリットのひとつとしてご紹介したいのが、知識や教養が身につくということです。一人部屋に閉じこもって勉強をしたり本を読めば、ある程度の知識を得ることはできます。

ですが、それ以上に多くの知識を吸収したり教養を身につけるためには、他者と交流し、他者から学ぶことが必要です。苦手な人付き合いを克服できれば学びのチャンスも広がり、人としてより成長できるでしょう。

苦手な人付き合いを克服するメリット4:自分自身がキラキラする

キラキラ輝く自分になれるというのも、苦手な人付き合いを克服するメリットのひとつです。人付き合いができない自分にコンプレックスを抱き、自信を持てずに卑屈になっている人も多いことでしょう。

ですが、努力をして人付き合いができるようになれば自尊心も高まり、自信がついて、理想の自分へと近づくことができます。そうなればキラキラと輝いた自分になれるでしょう。

人付き合いを克服するにはありのままの自分でいること

今回は人付き合いが苦手な人の特徴や、人付き合いが上手くなるための方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。人付き合いが苦手だからと言って、自分を偽ったり、明るいキャラを演じて無理に他人と交流しようとする必要はありません。

他人の評価や視線を過剰に気にするのはやめ、ありのままの自分でいるようにしてみてください。

その上で、そんな自分を受け入れてくれる人を見つけることができればおのずと自信がつき、少しずつ人付き合いができるようになるはずです。10秒で終わる診断を用意したので、自分自身に当てはめてやってみましょう。