恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

仕事できない人の特徴10選。仕事できない人が改善すべきポイント

2020/02/06

仕事できない人の特徴10選。仕事できない人が改善すべきポイント

1 / 10

わかったふりをしてしまう

上司や先輩に怒られてばかりで、仕事ができない自分に落ち込んでいるという方も多いのではないでしょうか。この記事では仕事できない人の特徴について徹底解説しています。

仕事ができない人の特徴を反面教師として知り、仕事ができるように自分を磨いていきましょう!

仕事できない人とは?

みなさんは自分のビジネスパーソンとしての能力に自信はあるでしょうか?上司に毎日怒られる上に頻繁に注意されているならば、残念ながら仕事できない人だと言えるでしょう。

仕事ができない人は総じて要領が悪く、自分がやるべきことをきちんと理解できないため、しばしば「無能」と評価されるでしょう。

周囲の足を引っ張るためイライラされるものですし、職場で厄介者扱いをされ、退職に追いやられることさえあります。

仕事できない人の特徴10選

そもそも、具体的にどのような特徴を持っていれば仕事ができない人だと判断されてしまうのでしょうか? 実は、仕事ができない人には一定の共通点を見て取ることができます。

そこでここからは、仕事ができない人にありがちな特徴を10個ピックアップしてご紹介していきます。

仕事ができない人というレッテルを貼られてしまわないためにも、ぜひ以下で取り上げる特徴を反面教師としてチェックしてみてください。

仕事できない人の特徴1:コミュニケーションが取れない

仕事ができない人の特徴としてまず挙げられるのが、コミュニケーション能力が低く空気読めないということです。どんな職種にせよ、職場の人や取引先の人とコミュニケーションを取らなければ仕事を円滑に進めることはできません。

仕事できる人は対人スキルが高く周囲から可愛がられるのに対して、仕事ができない人は気が利かない上にコミュニケーションが上手に取れないため、職場で孤立したり浮いたりするが多いです。

仕事できない人の特徴2:ミスが多い

何度注意されてもミスばかりしてしまうというのも仕事ができない人の特徴として挙げられるでしょう。ちょっと気をつければ避けられるケアレスミスを繰り返すことが多いのです。

避けられるものを避ける努力をしないため、「また同じミスをしたのか」と呆れられるのも仕方ありません。やる気がないと思われ、職場の人から冷たくされるでしょう。

仕事できない人の特徴3:要点を理解していない

仕事ができない人の特徴のひとつとして、要点を理解できないということも挙げられます。

仕事を効率的に行うためには優先してやるべき点と、ほどほどでも構わない点を見極めることが必要ですが、仕事ができない人は要点を見つけることができません。

また、上司に報告を行う時にも要点を押さえて手短に話すことができず、長々と要領を得ない説明をしてしまうでしょう。

仕事できない人の特徴4:指示ポイントがずれている

仕事ができない人であっても、年功序列の会社ではある程度のポジションまで出世して部下を持つことも少なくありません。

そのような無能な人物は、先輩面をして偉そうに部下に指示を出すものの、そのポイントがずれているのです。

上司として部下が仕事をしやすいようにすべきところを、かえって部下の仕事をやりにくくしてしまっています。そして、そのことに自分では気づいていません。

仕事できない人の特徴5:構成ができない

仕事ができない人の特徴として忘れてはならないのが、構成ができないということです。

要領が悪いだけでなく仕事の全体像を理解できないため、ビジネスパーソンとしてできて当たり前の構成ができず、順序立てて作業を行うことができません。

きちんとした段取りが求められる作業では、ミスばかりしてしまうでしょう。とりわけ、構成力が必須のプレゼンは大の苦手です。

仕事できない人の特徴6:業務の少し先が読めない

想像力が欠如しているため、目の前にある業務しか見ることができず、業務の少し先が読めないというのも仕事ができない人の特徴として挙げられます。

仕事ができる人は一歩先を読みながら準備をしたり、さまざまな予防策を講じたり仕事を円滑に進めることができるものですが、仕事ができない人は先を見据えて仕事を行うことができないのです。

仕事できない人の特徴7:連携が取れない

仕事ができない人の特徴のひとつとして知っておきたいのが周囲の人と必要な連携が取れないということです。

コミュニケーション能力が低く、報連相をきちんと行うことができないからこそ、チームの中で必要な役割を果たすことができませんし連携を取ることもできないのでしょう。

そのため職場では「役立たず」のレッテルを貼られて無視されることも多く「会社に行きたくない」と精神的に追い込まれてしまうケースも少なくありません。

仕事できない人の特徴8:業務が遅い

普通の人が1時間で終わらせられる作業に何時間もかかってしまうというのも仕事ができない人ならではの特徴です。

仕事をこなすために最低限必要なことを覚えられない上に、わからないことがあっても周囲に相談できないため、業務をこなすのが遅くなってしまうのでしょう。

そのため、仕事ができない人は定時で早く帰ることができず、頻繁に残業を行っています。

仕事できない人の特徴9:わかったフリをしてしまう

仕事ができない人の特徴のひとつとしてご紹介したいのが、わかったフリをしてしまうということです。

無駄にプライドが高くてわからないことがあっても質問しないというパターンもあれば、初歩的な質問をして呆れられてしまうのが怖く、萎縮して質問できないというパターンもあります。

そのため頻繁にミスをしては周りに迷惑をかけてしまうでしょう。

仕事できない人の特徴10:何をどう改善すれば良いのかが分かっていない

上司に怒られてばかりいるとさすがに自分でも仕事ができないと気づくものですが、どうすれば仕事ができるようになるのか改善点が見つけられないというのも仕事ができない人ならではの特徴です。

自分を客観的に見ることができず、問題点や改善点を見つけることができないからこそ、怒られても何をどのように対処して改善していけばよいのかわからないのでしょう。

仕事できない人が改善すべきポイント6選

仕事ができない人は、何も悪意があって仕事をいい加減にやっているわけではありません。

多くの場合「上司に怒られたくない」「もっとできるようになりたい」と悩みながら仕事に取り組んでいることでしょう。

しかし、残念ながら改善ポイントを正しく把握できていないため、仕事ができないままなのです。そこでここからは、仕事ができない人が改善すべき点を解説していきます。

仕事できない人が改善すべきポイント1:実現可能な目標を立てる

まず改善すべきは、非現実的な目標を捨てて実現可能な目標を立てるということです。仕事ができない人は今の自分の状態を改善しようとして、到底実現できないような壮大な目標を立ててしまいがちです。

そのため目標倒れに終わってしまい、自信を喪失するという悪循環に陥るでしょう。このような状態から抜け出すためには、小さな目標を立て、それをひとつずつ実現していくことが大切です。

仕事できない人が改善すべきポイント2:言葉に出したことを実行する

有言実行を心がけるというのも、仕事ができない人が改善すべきポイントとして挙げられるでしょう。

仕事ができない上に口だけの人間になってしまうと、周囲からとてつもなく嫌われてしまいます。

せめて言葉に出したことくらいは実行するようにすれば、仕事ができないながらも憎めない存在として周囲から可愛がってもらえるようになるでしょう。

仕事できない人が改善すべきポイント3:職務の構成を理解する

仕事ができない人が改善すべきポイントとしてご紹介したいのが、職務の構成をきちんと理解するように努めるということです。

自分が与えられている職務を正しく理解し、その上でそれを完遂するためにはどのようなことが必要なのか、どのようなプロセスを実施すべきかをじっくりと考えてみましょう。

一人で理解するのが難しい場合は、恥を忍んで上司に質問をして教えを乞うことが大切です。

仕事できない人が改善すべきポイント4:依存心を持たない

人に依存しないというのも、仕事ができない人が改善すべきポイントでしょう。何かわからないことがあっても、安易に職場の人に質問をしたり助けを求めたりしてはいけません。

まずは自分の力で何とかしようと努力することが大切です。「聞けば教えてもらえる」「助けを求めれば代わりに仕事をしてもらえる」ということを覚えてしまうと、どんどん依存心が強まって甘えた人間になってしまいかねません。

仕事できない人が改善すべきポイント5:スケジュール管理をする

仕事ができない人は、スケジュール管理を徹底して行うようにしましょう。というのも、仕事ができない人は総じて計画を立てるのが下手であり、気分が向いた時に適当に作業を行うからです。

与えられた仕事を着実にやり遂げるためには、きちんとした計画を立て、それをひとつずつこなしていくことが大切なので、まずはスケジュール管理を見直すようにしてみてください。

仕事できない人が改善すべきポイント6:即行動を起こす

何事も後回ししないというのも、仕事ができない人が改善すべきポイントです。

仕事ができない人は面倒くさがり屋なことが多く、大切な仕事であっても後回ししては、締め切りのギリギリで雑な方法で仕事を終わらせたり、締め切りを破ってしまったりします。

このような状態を改善するためには、即行動を起こす癖をつけることが必要だと言えるでしょう。

「面倒くさい」という考えを頭の中から追い出し、今できることはすぐにやるようにしてみてください。

仕事に対してモチベーションをあげてみよう

今回は仕事ができない人をテーマに、その特徴や改善方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

たとえ今仕事ができなかったとしても、自分の問題点をきちんと把握し、それに合った改善策を取ることができれば少しずつ仕事ができるようになります。

また、仕事に対してモチベーションを上げ、意欲的に取り組むようになればおのずと仕事のスキルも向上するはずです。

10秒で終わる診断を用意したので、自分自身に当てはめてやってみましょう。