恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

カリスマ性がある人の特徴10選とカリスマ性を身につける方法(作画:BUSON)

2020/02/04

カリスマ性がある人の特徴10選とカリスマ性を身につける方法(作画:BUSON)

1 / 10

どちらかと言えばポジティブに考えるタイプだ

カリスマ性がある人とは、周囲の人々を惹きつけるオーラや自信に満ち溢れた人物のことです。この記事ではそんなカリスマ性がある人をテーマに、その特徴について徹底解説しています。

また、カリスマ性を身につける方法についても紹介しているのでぜひご覧ください!

カリスマの意味とは

カリスマ性がある人の特徴10選とカリスマ性を身につける方法【診断あり】

カリスマとは人を引き付ける魅力があり、リーダーとしての素質を兼ね備えた人です。周りからの信頼も厚く一緒にいたいと思わせてくれるような人こそが、カリスマなのです。

その素質はあなたの中にどれくらい備わっているのでしょうか? この記事ではカリスマ性がある人の特徴について徹底解説しているので、ぜひ「内に秘めたカリスマ性」診断でチェックしてみましょう!

カリスマ性がある人の特徴10選

カリスマ性がある人の特徴10選とカリスマ性を身につける方法【診断あり】

そもそも、どのような性格をしていてどのような行動をすれば周囲から「カリスマがある」と認められるのでしょうか? 実は、カリスマ性がある人には一定の共通点があるのです。

そこでここからは、カリスマ性がある人ならではの特徴を10個ピックアップしてご紹介していきます。カリスマ性のある人物になりたいと考えているならば、ぜひ以下で取り上げる特徴を参考にしながら自分磨きをしてみてくださいね!

カリスマ性がある人の特徴1:存在感がある

カリスマ性がある人の特徴としてまず挙げられるのが、いるだけで周囲の注目を集めるような存在感があるということです。

地味な格好をしていても何も喋らなくても、そこに存在しているだけで圧倒的なオーラを放つことができる人物こそが、カリスマ性のある人だと言えるでしょう。内側からにじみ出るような人間的な魅力やオーラを持っているからこそ、存在感を放つことができるのです。

カリスマ性がある人の特徴2:褒め上手

人を褒めるのが上手いというのも、カリスマ性がある人の特徴として挙げられるでしょう。決しておべっか使いというわけではありません。カリスマ性がある人物は人の本質を見抜く「目」を持っており、人間観察に長けています。

だからこそ、どんな人であっても相手の長所をすぐに見つけて褒めることができるのです。自分でも気づかないような長所を認めて褒めてもらうと、嬉しく感じて「この人についていきたい」と思いますよね。

カリスマ性のある人は周囲から慕われるのは、褒め上手であることも大きな理由なのです。

カリスマ性がある人の特徴3:姿勢がいい

カリスマ性がある人の特徴のひとつとして、姿勢がいいということも挙げられます。どんなに体格がよくて威風堂々とした雰囲気を持つ人であっても、猫背のように姿勢が悪いとそのオーラが半減してしまいますよね。

世界的な人気と知名度を誇るアーティストも指導者も、総じて姿勢がいいものです。姿勢がよいとそれだけで堂々としたオーラを放つことができるからでしょう。

カリスマ性がある人の特徴4:会話している相手の目を見る

カリスマ性がある人の特徴10選とカリスマ性を身につける方法【診断あり】

会話中にはきちんと相手の目を見て話ができるというのも、カリスマ性がある人ならではの特徴です。相手ときちんと心を通わせたいと考えているからこそ、どんな時でも相手の目を真っ直ぐ見て話ができるのでしょう。

また、カリスマ性がある人は総じてコミュニケーション能力が高く、自分に自信を持っているので「相手の目を見るのが怖い」「恥ずかしくて視線が合わせられない」ということがありません。

カリスマ性がある人の特徴5:間の使い方がうまい

カリスマ性がある人の特徴のひとつとしてご紹介したいのが、間の使い方が上手いという点です。あまりよい事例ではありませんが、圧倒的なカリスマを誇った独裁者であるヒトラーは演説の際にあえて長時間黙ったりと巧みに間を使うことで聴衆の心を惹きつけたことで有名ですよね。

カリスマ性がある人は、どうやって間を使えば人々の関心を自分に集められるのかを熟知しているのです。

カリスマ性がある人の特徴6:何が起きても動じない

予想外のことが起こったとしても慌てず騒がず、常に冷静でいられるというのもカリスマ性がある人の特徴です。普通の人ならばパニックになって叫ぶようなことがあっても、カリスマ性のある人は落ち着き払って冷静に適切な対処ができます。

だからこそ「この人はすごい」「この人についていけばきっと全て上手く行く」と周囲の信頼を集め、カリスマ的な人物になれるのです。

カリスマ性がある人の特徴7:自信にみなぎっている

カリスマ性がある人の特徴として欠かせないのが、自信に満ち溢れているということです。世の中には、根拠のない自信を持ってナルシスト的な行動をする人もいますが、それとは対照的にカリスマ性がある人は根拠に基づいた自信を持っています。

経験や実績、努力に裏打ちされた自信があるからこそ、堂々とした振る舞いができて周囲から「頼りがいがある」と評価されるのでしょう。

カリスマ性がある人の特徴8:お祝いや贈り物をマメにする

お祝いやプレゼントをマメにできるというのも、カリスマ性がある人ならではの特徴でしょう。というのも、周囲を強烈に惹きつけることのできる人物は総じて人心掌握術に長けており、他人に対して細やかな心配りができるからです。

相手のことをきちんと知ろうとしますし、マメにプレゼントなどをして相手とコミュニケーションを取ろうとする意志があるからこそ、人々の心を掌握できるのでしょう。

カリスマ性がある人の特徴9:キャラが強い

カリスマ性がある人の特徴10選とカリスマ性を身につける方法【診断あり】

カリスマ性がある人の特徴のひとつとして忘れてはならないのが、キャラが強いということです。凡人はカリスマ性を身に着けることはできません。良くも悪くも強烈な個性を持っているからこそ、人々の関心や注目を集めるカリスマ的な人物になれるのです。

決して悪目立ちしているわけではなく、その個性の強さをポジティブに印象づけられることも、カリスマ的な人の特徴だと言えます。

カリスマ性がある人の特徴10:広い分野の知識がある

幅広い知識を身に着けているというのも、カリスマ性がある人の特徴として挙げられるでしょう。頭の悪い人は、決してカリスマ的な人物にはなれません。

さまざまな知識を貪欲に吸収する勤勉さと地頭のよさがあるからこそ、巧みな話術や機転の利く行動によって人々の信頼を勝ち取り、カリスマ的な人気を集めることができるのです。

カリスマ性を身につける方法

生まれ持った素質ゆえにカリスマ性がある人物が多いと言えるでしょう。凡人がカリスマ的な人物を目指すのは、そう容易いことではありません。ですが、不可能ではないのです。

凡人であっても、カリスマ性を身に着ける方法を知り、それを着実に実践して行けばカリスマ的な人物になることができます。ここからは、カリスマ性を身に着ける方法についてご紹介していきます。

カリスマ性を身につける方法1:自信を持つ

カリスマ性を身につける方法としてまず実践したいのが、自分を信じて堂々と振る舞うということです。どんなに魅力的で才能あふれる人物であったとしても、自分に自信が持てずおどおどとした振る舞いをしていると、カリスマ的なオーラを放つことはできません。

反対に、地味で目立たない人であっても自信を持ち堂々と振る舞えれば、カリスマ性のある人に近づけるでしょう。

カリスマ性を身につける方法2:筋肉トレーニングをする

筋肉を鍛えるというのも、カリスマ性を身につける方法のひとつとして挙げられます。特に男性の場合、なよなよした細すぎる体型をしていたり、反対に肥満で不健康な体型をしているとカリスマ的なオーラが感じられないからです。

トレーニングをすれば威風堂々とした見た目になれますし、体を鍛えることで自分に自信を持てるようにもなるので一石二鳥でしょう。

カリスマ性を身につける方法3:身なりに気を遣う

カリスマ性を身につける方法として最も簡単なのが、身だしなみに気を遣うということです。よく「人は見た目が100%」という言葉を聞きますが、ヨレヨレの服に寝癖のついた髪の毛をしていると、カリスマ性がある人物だとは思えないですよね。

清潔感がある身だしなみを心がけ、上品で風格のある自分を演出するためにファッションや髪形、メイクなどに気をつけることで、カリスマのようなオーラを出すことができます。

カリスマ性を身につける方法4:話し方を練習する

カリスマ性がある人の特徴10選とカリスマ性を身につける方法【診断あり】

カリスマのある人物は総じて演説が上手いものです。だからこそ、話し方を練習するというのもカリスマ性を身につけるための方法としておすすめできるでしょう。

声が小さかったり早口でモゴモゴと話してしまう癖がある人は要注意です。大きくはっきりとした声を出し、自信溢れる話し方ができるように努力しましょう。録音して自分の話し方を客観的にチェックするのも効果的です。

カリスマ性を身につける方法5:感謝やお礼を常にする

カリスマ性を身につけるためには、周囲の人々の心を惹きつけられるようになるべきです。そのためには、何かをしてもらったら些細なことであってもきちんとお礼をし、感謝の気持ちを持つことが必要不可欠でしょう。

「してもらって当たり前」と思ってしまうと、単なる傲慢な人物に成り下がってしまうからです。相手に感謝の気持ちが伝わるように、きちんと言葉や行動で感謝を伝えましょう。

カリスマ性を身につける方法6:ジェスチャーなどを使って体で表現する

ジェスチャーなど使ってボディランゲージで相手に伝えたいことを伝えられるようにするというのも、カリスマ性を身につけるための方法です。

演説の上手い政治家や指導者は、直立不動の状態で話をするのではなく、身振り手振りを使って話をし、観衆の心を惹きつけることができますよね。大げさにジェスチャーをしてしまうのはNGですが、カリスマ性のある人物のボディランゲージを参考にしながら、自分にも取り入れてみてください。

自分のカリスマ性を診断してみよう

今回はカリスマ性がある人をテーマに、その特徴やカリスマ性の身につけ方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。多くの場合、カリスマ性は生まれ持った素質によるものが大きいですが、凡人でも努力をすればカリスマ性を身につけることは十分に可能です。

今回取り上げたカリスマ的な人物の特徴にご自身がどれだけ当てはまっているか診断をした上で、カリスマ性を身につけるための方法を実践してみてくださいね。10秒で終わる診断を用意したので、自分自身に当てはめてやってみましょう。