恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

「女子が苦手な奥手男子」診断。避けられているのは奥手だから?

2019/11/14

「女子が苦手な奥手男子」診断。避けられているのは奥手だから?

見た目はかっこいいけど、愛想が悪かったり、無表情な男子が存在します。実は女子と付き合った経験が少なく、苦手意識が強い奥手男子なのかもしれません。

「女子が苦手な奥手男子」診断で気になる彼をチェックしてみましょう!

 

(診断結果の一例)

—————————————————————
「女子が苦手な奥手男子の可能性80%」と診断されたあなたは……
かなりの奥手男子と見受けられます……
—————————————————————

Yes,Noを選んで、10秒診断スタート!

診断がまだの方はこちら!


診断結果一覧


女子が苦手な奥手男子の可能性10%

「女子が苦手な奥手男子」診断。避けられているのは奥手だから?

お人好しでワイワイすることが好きな彼は、奥手の要素はあまり見られません。むしろ女性慣れしているように感じます。フットワークが軽く、どんな場所でも存在感を放つ彼は奥手なタイプから憧れられる存在でもあります。ノリがよく、色々な人と知り合いの彼は、奥手とは無縁の存在です。人見知りなんて言葉も彼の中には存在しないでしょう。
奥手男子との違いは、色んな人と関わる分、彼女に対しても淡泊である可能性が高いと言えます。誰かに束縛されることを嫌がる傾向があるのです。彼女という地位は与えられても、彼の中の優先順位としては低い可能性があるのです。人付き合いに重点を置いている彼にとっては、当然お付き合いにも優先順位をつけているのです。奥手男子ならば、無駄な人脈がないだけに、彼女の優先順位は高いと言えます。


女子が苦手な奥手男子の可能性30%

「女子が苦手な奥手男子」診断。避けられているのは奥手だから?

体育会系でノリはいいものの、モテた経験が少ないので、女子には優しくなるタイプのようです。学生時代から球技などのチームスポーツで鍛えられていると、ノリとフットワークの軽さは鍛えられている為、遺憾なく発揮します。しかし、モテる先輩や仲間を見てきたので、自分はモテないと勘違いしている可能性もあります。その為、女子にはとにかく優しく接してしまうのです。
そこで勘違いしてはいけないのが、奥手かもしれないと思って、女性がなんでも仕切ったり、横柄な態度をとってしまうことです。彼は自信がないから、女性に優しいのであって、恐らく付き合ってからは態度が大きくなるタイプだとお見受けします。付き合う前の段階で、相手が優しいからと言って漬け込むと確実に恋愛対象としては除外されてしまうのです。彼の優しさに甘えすぎないように注意しないといけないでしょう。


女子が苦手な奥手男子の可能性50%

「女子が苦手な奥手男子」診断。避けられているのは奥手だから?

奥手男子の特徴として恋愛経験が少ないことです。たとえ彼女がいたとしても、自分から積極的だったわけではなく、相手が積極的だった為に断れず付き合ったということがあるはずです。彼女がいたことが想像できないような彼に元カノの話が出たのならば、その可能性は高いと言えます。
奥手男子は、基本自分から恋愛に積極的になったことがありません。その為、好きになった女子には急に好き避けという行動をすることがあります。今まで挨拶したり、普通に話したりしていたのに、飲み会などで結構話したなと思った途端に逆に避けられてしまうなんてことが、奥手男子のよくあるパターンです。女子としては、避けられたことで絶望的な気持ちになってしまいますが、時間が経つとまた普通に接してくれるはずです。奥手男子は自分の行動を恥ずかしいと思ってしまう為、距離を置きたがるのです。長い目で彼を見てあげる必要があります。


女子が苦手な奥手男子の可能性80%

「女子が苦手な奥手男子」診断。避けられているのは奥手だから?

かなりの奥手男子と見受けられます。自分は地味な存在だと思い込んでいる節がある為、ギラギラ輝いている人を苦手とする傾向があります。それは同姓に対しても同じ感情を抱きます。リーダータイプの男子とは一線引いているようなら間違いないでしょう。みんなでワイワイするのが好きで、テンションが常に高い人に対して苦手意識を持っています。あなたがそんなタイプであるならば、彼にとっては先入観で近寄りがたい人物と思われているかもしれません。
そんな彼と親しくなりたいと思うのであれば、地味で真面目な一面を見せるしかありません。基本一人で行動している様子を見せるだけでも効果的だと言えます。奥手な人というのは、大半が人見知りです。自分に自信がない人が多いのです。親しくなりたいのなら、気持ちを寄り添うことが大事だと言えます。

他の恋学診断にチャレンジする