恋学診断

恋学オリジナルの恋愛診断テスト。

あなたのタイプや気になるアノ人の性格がわかる?!

イライラが止まらない!?「キレやすい人」診断

2019/12/01

イライラが止まらない!?「キレやすい人」診断

キレる原因はその人のストレスの加減です。自分が不安であったり、イライラすることがあると周りに当たってしまうのです。

年齢を重ねるとそのような振る舞いをしてしまう人が増えていく傾向があります。「キレやすい人」診断でチェックしてみましょう!

 

(診断結果の一例)

—————————————————————
「キレやすい人の可能性10%」と診断されたあなたは……
あなたはとても温厚な人です。そのため、キレやすい人ではなく……
—————————————————————

下記のYes,Noを選んで、10秒診断スタート!

診断がまだの方はこちら!


診断結果一覧


キレやすい人の可能性10%

キレやすい人の可能性10%

あなたはとても温厚な人です。そのため、キレやすい人ではなくそのターゲットになることの方が多いでしょう。実際、周りにそういう人がいるために、あなた自身も反面教師にしている部分があるのでしょう。キレることがあなた自身の美学ではなくとも、キレられることに慣れてしまうのも、納得できない話でしょう。キレる人の特徴としては、キレやすい特定のターゲットを作ります。
あなたが反省したり、すみませんのような態度をとるとますます図に乗るのです。それを一旦許すと、半永久的に続いてしまいます。一度、証拠をそろえて冷静に反論しましょう。相手はただ感情的になっているだけです。こちらが冷静に否定することで、一旦さらに感情的になりますが、それ以降相手を変えてくるはずです。自分がいかに冷静であるかをアピールすることが得策でしょう。


キレやすい人の可能性30%

キレやすい人の可能性30%

キレやすい人とうまく付き合うことができているようです。あなた自身は気分に波があるものの、人に対して危害を加えるほどではないようです。そのため、キレている人を冷静に見る立場ではあると言えます。第三者にわかる気分の波というのではなく、自分の中でのテンションの上がり下がりであったり、気分が乗る乗らない程度の話と言えるでしょう。
キレるというのは、主にストレスからなるものです。ターゲットが見つかれば、あなたもキレる人になる可能性は十分あります。今はまだ自分の中のストレスとうまく付き合えていますが、一度誰かに八つ当たりすることによって常習化する可能性もあります。他人事とは思わずに、明日は我が身というスタンスで気をつけましょう。間違ってもキレている人をバカにするような態度はとらないようにしましょう。


キレやすい人の可能性50%

キレやすい人の可能性50%

気分の波があり、すぐ表情や態度に出てしまうことがあるようです。あなたの立場も原因の一つかもしれません。職場で何年も働いていると、やはり後輩ができます。上司などにも認められ、真面目に働いてきた証ではあるものの、その立場にあぐらをかいてしまいます。そうなると気を使う対象が上司や自分の損得に関わる相手になってしまうため、後輩や年下の相手に気を使わなくなってしまうのです。
その油断が気分の波を彷彿させ、周りにいる人間に機嫌がいい悪いと見破られてしまうのです。できる人は物事に冷静であり、自分の機嫌で人を判断しません。機嫌が悪くなることによって、人に忙しいアピールをする人がいます。当の本人はよくても、周りはただ嫌な思いをするだけです。人の気分は、自分が思っている以上に相手に伝わります。冷静になるよう心がけましょう。


キレやすい人の可能性80%

キレやすい人の可能性80%

かなり感情の起伏が激しいようです。自分では悪いと思いながらも、人に八つ当たりしてしまうようです。イメージとしては、小型犬が突然吠えまくるというようなことを日常で起こしてしまっているのです。キレてしまった後に反省することがあるのでしょう。急にやさしくしてしまうことがあるようです。
その裏表が余計に周りをびくびくさせ、人を寄せ付けない状態に自ら近づけてしまっているのです。あなた自身が変われば、周りも変わります。常に自分が一人だと思っているのでしょう。原因はあなたの可能性が高いのです。まずは、自分の気持ちを落ち着かせることから始めましょう。そして心の底から楽しいと思えることを見つけるのです。自分の中の喜びを見つけることで、気分の均衡を保つことができます。人に対しても無駄に気持ちを押し付けることも少なくなるはずです。

他の恋学診断にチャレンジする

この記事どうだった?

8いいね!

1うーん…