合計2時間のセックスって何するの? フルコースの内容とは?

 

本来、男性も女性もエッチな生き物です。多くの女性は「男のほうがエッチ」と思っているかもしれませんが、女性のみなさん、自分の性欲を過小評価してはいけません。1000人以上の女性と経験した私が確信を持って断言します。

「女のほうがエッチ」だと。

(c) Hrecheniuk Oleksii – Shutterstock.com

絶叫したり失神したり、決して男性には経験できない快感を女性は楽しむことができます。しかしこのことは、経験した女性でなければわかりません。

■たった20分のセックスでは快感は得られない
女性のオーガズムの強さ、深さ、素晴らしさ、その美しさを私は知っています。これまで幾度となく目撃してきましたが、何度、目にしてもそこには驚きと感動があります。

残念なのは、女性たちの言葉の端々から、セックスに対する諦めが感じられることです。

そして、諦めの向こう側に、ふがいない一般男性が多数存在していることは明らかです。

セックススクールを運営していた頃、男性受講生からアンケートをとってみたのですが、セックスの平均時間は、前戯と合わせても20分未満という結果でした。

こんなジャンクセックスで女性を満足させることは出来ません。女性の性メカニズムから考えて不可能です。

■2時間でも足りないのが本当のセックス
ちなみに私がセックスにかける時間は2時間以上が普通です。

という話を女性にすると、大体は「え~、長過ぎる~」とびっくりされます。その次の言葉も決まっていて、「2時間も何をやるの?」です。私が、「お互いに愛撫しあって、気持ちいい時間を楽しんでいるよ」と説明しても、「口が疲れる~」「アソコが痛くなる~」「耐えられない~」といった反応が返ってきます。

彼女たちにしてみれば、私の言う2時間に対して、ずっとフェラチオをさせられるとか、ずっとピストン運動をしているといったイメージしか持てないのです。

私にとっては、女性の全身に散りばめられた性感帯をひとつひとつ丁寧に愛撫して、女性のさまざまな反応を見ることはセックスの大きな醍醐味です。

ですから2時間などあっと言う間です。いえ、2時間でも足りないくらいです。

しかし、20分のジャンクセックスが『普通』になってしまった彼女たちには、「気持ちいい時間をお互いに楽しんでいる」という言葉が理解できないのです。
 
 

■フルコースセックスのお品書き
ジャンクセックスを普通のセックスだとは思わないでください。そして、ぜひ一度、フルコースのセックスを経験してみてください。

そこで今回、会席料理に倣ってフルコースセックスのお品書きをつくってみました。

1、触れるか触れないかのキスからはじめて、ソフトなキスを十分に楽しむ。
2、アダムタッチで全身を隅々まで愛撫してもらう。
3、カレの舌と指で、一度絶頂まで導いてもらう。
4、カレにもたっぷりお返しをしてあげる。
5、ゆったりとスローな交接を心ゆくまで楽しむ(イクことにこだわらない。最初の目標は30分)。

もう一度言います。男性も女性もエッチな生き物です。そのエッチな要素を最大限に活かすことができた時、男女ともに最高の喜びがもたらされるのです。
 
 
(アダム徳永)