【10人に1人?】アナタだけじゃない?“愛”を同性に求める女性が増え続ける訳

近年、日本でもLGBTの理解に向けた活動が盛んになっています。

(c) Joshua Resnick – Shutterstock.com

■LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)とは?
女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、性同一性障害を含む性別越境者など(トランスジェンダー、Transgender)の人々を意味する頭字語である。 ※Wikipediaより抜粋

こういった恋愛思考の人識や理解が進む中で、その境界線も身近になってきています。

本格的に女性と恋愛したいというより、興味本意で女性とイチャイチャしたりエッチをしてみたいという、プチ同性愛者が近年増えているのです。

ファッションのような軽い感覚でレズビアンの人と知り合ったり付き合ったりするノンケ(異性愛者)は、レズビアン用語で「ファッションレズ」と言われています。

異性とも同性とも、同じように恋愛をする人は、バイセクシャル。だけど、ファッション感覚の彼女達は、恋愛は異性としかできないけど、同性とイチャイチャしたい。

でも、好きになることも稀にある…なんでしょう、それはもはやバイセクシャルなのでは? と思うがしかし、恋愛と依存の曖昧なところにいるので、バイセクシャルとも言えません。

そんなファッションレズの子とレズビアンが恋愛に発展することは大いにありえますが、「男性で好きな人ができた」など異性の恋愛に戻られてしまう場合が多いので、普通に女性と恋愛をしているレズビアンには、あまり好まれていません。

でも、異性を恋愛の対象にしている子は「男ウケ」をする外見の気遣いができている子も多いので、じつはレズビアンにもモテる傾向にあります。

また、昔からいる「主婦レズ」。結婚して子どももいるけど、女性と浮気(恋愛)をする人たち。

旦那とセックスレスで、同性となら浮気してもバレないから。同性とは旦那にはない精神的な繋がりが持てるから。などなど、理由はさまざまですが、じつは主婦の同性愛者も多いんです。

ですから、レズビアン界では、「彼女は既婚者」ということも珍しくはありません。
 
 

■なぜ、ノンケの女性が同性に興味を持ち始めたのか?  
<男性にある不満>
男は身体目当てな人がいる。イチャイチャしてくれない。心の距離がある。セックスに満足できない。

<同性に求める期待>
精神的な繋がり、深い恋愛ができる。セックスで気持ちいいポイントは同性だからわかる。買い物やお化粧など、女同士で楽しめることが沢山ある。

などの理由で、異性ではなく同性に興味を持ち始める人もいます。

でも、半分は本当だけど半分は幻想です! 

女性でも、女の身体だけが目当ての人もいます。考え方や価値観が違い距離を感じる人もいます。セックスに満足できない人もいます(女性にペニスはないので)。

その代わり、男性で身体だけが目当てなんじゃない、なんでも理解しあえる精神的に繋がれる人もいます。セックスが合う人だって、もちろんいます。

異性への不満や、ただ快楽の好奇心ではなく、ノンケでも異性に純粋に恋愛感情を抱いたりすることはおかしいことではなく、雄雌の本能や生物学的にはチグハグでも、そのくらい人のセクシャリティーは曖昧なんです。

人として好意を抱くのと恋愛感情の曖昧さは、あってもいいんじゃないかと思っています。

好奇心で行動してみることも、決して悪いことではないです。意図的に誰かを傷つけるようなことや、レズビアンの人に思わせぶりな態度を示したりしなければ…。

いまや、10人に1人は同性愛者がいると言われています。身近なところで、女性に限らず男性でも同性に興味があったり恋愛をしてる、したいと思っている人がいたら、笑わず茶化さず「好き」という気持ちを大切にしてあげてください。

また、自分が同性に興味を持っても、変態じゃないです(笑)。

そんな自分を受け入れてみてくださいね! 
 
 
(アンドウミカ)